ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

バンクシア〜写真を追加

オーストラリア独自の植物が随分たくさんあることがわかりました。

この時期でも随分目立ったのはバンクシアの花です。

e0142611_21413076.jpg


この花、非常に密な花で、拡大してみるとこんな感じです。

e0142611_21421728.jpg


ここを色々なコンチュウたちが訪れていました。
ハチやアブ、そうかと思えばアリだったりです。

e0142611_5325777.jpg


この密度ですから、余裕ですべて授粉するのだろうなと思っていたのですが、残念ながらそうはいかないようでした。たくさんの花房が咲きますから、すべてということにはならないのでしょうね。

e0142611_5384379.jpg


花が終わると、こうやってどんどん花柱の部分が落ちていくようですね。

e0142611_2145517.jpg


このように、不完全なところがたくさんあります。

e0142611_535299.jpg

色々な房を集めてみました。本当に様々です。

そしてこの実、山火事になってはじめて発芽するのだそうです。
凄い仕組みだなと感動しました。

人気ブログランキングへ
今日もよろしくお願いいたします。
[PR]
by wisdom96 | 2009-08-30 05:36 | 旅行記録 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://wisdom96.exblog.jp/tb/10998777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 森のどんぐり屋 at 2009-08-31 09:38 x
どこかで見たことあるなあ~と思い本をひっくり返してみたら、ありました!
『探して楽しむ ドングリと松ぼっくり』(山と渓谷社)でした。

>バンクシア・グランディス
巨大なブラシのような花穂に小さな花をびっしりと付け、受粉したものだけが2枚貝のような堅い袋に包まれた実になる。
この仲間はオーストラリアに70種以上あり、これは乾燥すると口を開いてタネを落とすが、山火事にあうまで閉じたままでいる種類もある。

と書かれていました。
仲間がすごくたくさんいるのですね!


私もたまたま先日のブログに「カリステモン(ブラシの木)について書きましたが、この木も火事に遭わないとタネを落さないそうです。
木の姿や花の様子も似ています。

Commented by wisdom96 at 2009-09-01 00:00
森のどんぐり屋さん、コメントありがとうございます。
向こうで撮影してきたブラシの木の写真を近日中に公開しますね。
なかなかおもしろい植物ばかりでしたよ。それはまだ公開せずにとってあります。