ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

こんなことになるとは

前回インドに行ったとき、空港に向かう電車を待っているとき、チケットの手配をしたHISから電話があった。
デリーですから、今回の地震の津波の影響はありませんからご安心下さいというものだった。
それは、スマトラ沖で起こった地震の津波によって、様々な国に被害が及んだあの事故の事だ。

2004年。それからもう6年もたったのだ。

今回南インドの両サイドに行ってきたので、東海岸側では、その被害の痕跡があるかもしれないなとは思っていた。
チェンナイで大変有名なサン・トメ聖堂にいって、海岸線に出ようと思ったときのこと・・・
そこにはこんな碑が建っていた。

e0142611_11284296.jpg


2004津波と書いてある。やはりここでも被害があったのだろう。それでも、「gratitude」ということだから、ここでは、特異的に被害がなかったということになりそうだ。

この聖堂は海岸から200m程度しか離れていない。
真っ白で綺麗な教会。

e0142611_1130537.jpg


中のステンドグラスも大変綺麗だった。敬虔なキリスト教徒の方達が、お祈りをしていた。
キリストの12使徒だったセント・トーマスが チェンナイへ布教に来て亡くなり、その後そのお墓の上に 建てられたものだ。

あまりにも真剣にお祈りをしているので、少し気が引け、また視線も気になり、早々に退散したが、その遺骨の一部も見られるらしい。

あの大津波の被害がここになかったのだとしたら、何かの力なのかもしれない。

先日ハイチでとてつもない規模の地震が起こった。
報道されているようにその被害はそれこそ「未曾有」のものになりそう。
遠く離れていて、臭いも空気感もない映像だけをみても、その悲惨さはごく一部しか感じられない。
何かできることはないのか?国という概念を超えて、こう言うときにこそ手をさしのべられないのだろうか。

インドの南海岸では、きっと津波以前と同じように、人々が遊び、漁に出ていた。
ハイチでもはやくそのような状況に戻ればいいのだが、それこそ映像などだけから判断すると、その道のりは今まで以上に厳しい気がした。

e0142611_11415639.jpg


海岸から教会は、こんな風に見えた。夕陽が日本よりもずっとずっと赤い。

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2010-01-15 11:42 | 旅行記録 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://wisdom96.exblog.jp/tb/11966040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kekkow at 2010-01-21 05:44 x
お久しぶりです。
スマトラ沖地震の翌日は私もチェンナイに到着しました。この教会にも行ってみましたけど高いところで波はここまでは来てなかったですね。津波の跡はわかりましたけど日常がごみや臭いの中なので明らかなものはありませんが。そこの住民はさぞかし困ってるのではないかと思ったら,「津波のおかげで魚はいっぱい捕れたおかげで今日はごちそうなんだ。寄っていきなよ」ですって。配給もあって最高だったようでみんな目が輝いていました。意外でした。

そのあとハイデラバードに飛びました。
久しぶりにここで見せていただいて嬉しいです。何日間でしたか?
Commented by wisdom96 at 2010-01-25 00:29
kekkowさん、コメントありがとうございます。
そうですか、直後にチェンナイに行ってたんですね。
自分らその時は北インドを放浪していました。
インドの人たちのたくましさですね、その立ち直り方。そして「寄っていきな」も・・・(笑)今回は2週間です。