ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

夜の船舶を導くエコなレンズ

e0142611_024169.jpg


 外周すべてを海で囲まれた北海道には、六
十以上の灯台があります。船舶の安全航行の
ために夜間に大変明るい光を点灯させたり点
滅させたりしているのです。
 日本最北端の宗谷岬灯台(稚内市)、最東
端の納沙布岬灯台(根室市)などだけではな
く、見晴らしがよいことで有名な地球岬灯台
(室蘭市)など、みなさんが行ったことのあ
る灯台もあるでしょう。平成10年の第50
回灯台記念日で「日本の灯台50選」には北
海道から9つの灯台が選ばれているほどです。
 灯台からの光はできるだけ遠くに届けなけ
ればいけません。そのため、灯台の多くは高
いところにあります。地球が球ですから、高
さがなければ光が遠くに届かないのです。ま
た、光源からの光はどの方向にも広がります
から、凸レンズで絞らなければいけません。
 レンズをモーターで回転させて光を船舶ま
で届けるのですが、ガラスの大きな凸レンズ
は大変重くなります。写真を見てわかるよう
に灯台に使われているレンズは普通の凸レン
ズではありません。
 このようなレンズをフレネルレンズといい
ます。フランスの物理学者、オーギュスタン
・ジャン・フレネルが発明したレンズで、普
通のレンズを同心円状に分割して薄くし、組
み合わせたものです。このフレネルレンズ、
私たちのまわりでもプラスチックのシート型
のものがあります。そこにも同心円の溝が刻
まれています。どんな断面になっているのか
を見てみましょう。灯台のレンズのしくみと
同じです。
 カメラや顕微鏡などのような精密機器に使
われることはありませんが、学校にあるOHP
などには使われていることがありますから探
してみましょう。
 材料が少なく、軽量化をはかることができ
るのですから、エコなレンズということがで
きそうです。

フレネルレンズとは・・・

人気ブログランキングへ
今日もずっと前の原稿。読み返しもせず・・・

応援よろしくお願いいたします!
[PR]
by wisdom96 | 2010-12-17 00:24 | 飛行機・船・列車