ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

バザールを歩く

いよいよ明日からトカルパ村実験のために入ります。

そこで必要な物などを求めてバザールに行きました。まあ、自分は完璧に梱包して送付済みなので、気楽な市場調査。

まず感じるのが人のパワーです。特に子ども。本当に仕事も少なく、極端にいえば多くの人たちが今日何を食べようという辛い状況だろうと思うのですが、とにかく力を感じます。

e0142611_917573.jpg


そして声をかけてきます。
日本人ではまずあり得ない状況です。

バザールは物で溢れかえっています。
これって売れるのだろうかという位の似たような品揃え。それもまた考えさせられました。きっとここにも負の連鎖があるだろうと。
日本でも行列があるとついってことありますよね?だれも人がいないラーメン屋には入らないとか(^^;;それを感じます。

気になる食材コーナーをいくつか。

e0142611_9171476.jpg


野菜はとにかく豊富。それでも果実系は小さく土壌の貧さを感じます。

アブラナ科と思われるカーリーと言われる葉はずいぶん食べました。
このカレーは中々美味しいです。

ベジタリアンを支えるためにとにかく多くの野菜類が売られています。

周囲を陸地に囲まれているネパールでも魚はありました。川魚です。

e0142611_917253.jpg


一度食べましたが中々美味しかったです。
でも、今の時期は良いのですが、朝からずっとこの様な陳列方法で夕方まで持つとは思えないのですがどうなのでしょうかね。

もう一つがやはり肉。

e0142611_9173128.jpg


文句なしで肉屋さん感出しまくり。
間抜けな動物保護論者なら残酷だとかいいそうですが、動物の肉を食べるというのはこういうこと。
誰かが代わりにやってくれているから現実感がないだけです。
鶏が多く、次はヤギ。ほとんどがその二種でしたが、水牛の物もありました。
ナイフの切れっぷりは見事です。

e0142611_9174051.jpg


チーズ、ヨーグルト屋さん。
売ってもらいましたが、村にお土産で持って行ってしまい食べていません。手前にはヨーグルト。ちょっとビックリな保管状況。まあ、バナナヨーグルト飲んでるから同じなのですが。

さて、最後は食器。
南インドではバナナの葉が皿でしたがこちらはこれ。

e0142611_9174424.jpg


そう言えば何の葉か聞いてません。値段も聞いてないや。
それにしても見事な曲線で立体的に作られています。
外国からプラスチックの皿が入り込まないことを祈ります。

仕事を奪い、ゴミ問題が加速するだけでしょう。

人気ブログランキングへ
みなさん、読んだらこの上クリックしてね!
[PR]
by wisdom96 | 2011-01-05 09:13 | 旅行記録