ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

途中の生物やカースト問題

チョータラを超え、いろいろと見えてくるものがありました。
まず代表的なのが生物たち。
自分はもっともっと多くの種類の生物たちを見ることができると勝手に妄想していたのですが、そんなことがなかったのが大変残念です。

これは雨季にこなければいけないのだそうで、「フンコロガシをみたいんですが」という質問には「どうぞ雨季に来てください、いくらでもいますよ」ということで、その気になってしまうのです。

それでも、例えばくたびれた感じの蝶が道に止まっていたし

e0142611_14581827.jpg


保護色全開のカマキリもいましたし


e0142611_14584440.jpg


セイボウの仲間であろうと思われる蜂もいました。

e0142611_1459520.jpg


花だってナス科?というような物も見られました。

e0142611_14591533.jpg


それでも、とにかく降りることに必死な皆さんからどんどん離れて行くばかりなので、それなりに急がなければいけません。じっくり腰を据えて撮影できなかったのはちょっと残念です。

こんなことをしているうちに、前を行く人達とはこの位離れてしまっています。

e0142611_14593948.jpg


かなり先に行っているのがわかるでしょうか?
そして面白いのはこの道路です。
車道がついているのはわかりますよね?
日本では貴重な片麻岩などの石をトレッドに合わせて敷き詰めてあります。
今の時期は大きな問題はないのでしょうが、雨季になると間違いなくこれがないと進めないのでしょう。

e0142611_14595245.jpg


天然の舗装道路ということになりそうです。

車が入らないショートカット用の道、つまりもともと人間がつかっていた道はこんな路面です。

e0142611_150578.jpg


雨季になって、ここを猛烈な量の水が流れているのを考えると、日本人のバランス感覚ではきっと何度もこけることになるのだろうなということは、容易に予測できます。
フンコロガシを見たいという気持ちとのバランスをどう考えるかというのは難しい所です。

e0142611_1501521.jpg


村にいる間はいつも青空でしたが、雲が出てきました。まあ、この雲だって見事に綺麗に見えるのです。
なんとなく近いのです。普通に日本で生活しているよりはずっとずっと近いのです。
下山したら天気が悪くなるのかもしれないなという気もします。

さて、家の様子が見えました。
ここではずいぶん古いミシンの修理をしていました。

e0142611_1502955.jpg


これも日本じゃ見ない風景でしょう。すぐ買い替えなはず。
ミシンを使うような仕事の人達のカーストは低いのだそうです。
食肉業や鍛冶屋さん、そしてこのような縫製業の人達のカーストが低いというのはどの様なことでしょう。
実に生活密着型であるというのと、カーストの身分の関係を普通に考えるとわかりません。結局、カーストの高低というのは、上位カーストの人の勝手な論理でしょうから、馬鹿馬鹿しいことこの上ない話です。

それにしても、このミシンを直している人達の笑顔は底抜けに明るかったです。
昨日の夕方見せていただいた識字教室の村も低カーストの人達でしたが、本当に明るいのです。
生きる力を感じます。
しかし、このミシン。ここまで運ぶのも実に重たいだろうなと思いました。この辺が、低カーストのせいなのだろうとも思いました。

e0142611_1504346.jpg


さて、眼下には川のようなものも見えてきました。
まだまだ下なのですが、他の音がないからなのでしょう、道路のクラクション、したに見えている学校からの声がすぐそこに聞こえるのです。

人気ブログランキングへ
さて、もうすぐ下におります。
ここからも衝撃シーンが。
クリックで応援よろしくお願い致します。
[PR]
by wisdom96 | 2011-01-12 14:39 | 旅行記録