ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

方向がバラバラ

地元の風力発電所の前を通過しました。
すると、こんな感じで「全然違う方向」を向いています。

e0142611_9316.jpg


左側の一台は点検かなにかで停止させているようです。
このとき、翼の角度が変化して、風を受け流すような方向になるのです。
羽根の角度が風に90度というような感じです。

こうしなければ大きな抵抗を受けるのでメンテナンスもできませんよね。
翼一枚が5tだそうです。それほど大きな羽が受ける風というのはとてつもないですよね。

人気ブログランキングへ
↑クリックで応援よろしくお願いいたします!
[PR]
by wisdom96 | 2011-07-27 09:08 | つぶやき | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://wisdom96.exblog.jp/tb/15181731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あきとも at 2011-07-27 11:30 x
「羽根の角度が風に90度」かなあ。風を受け流すためには、0度(180度でも良いけど、風の向きと同じ向き。あるいは、後ろ向き)じゃないかなと思います。
稼動しているとき、風がちょうど良く吹いていればよいのですが、凪だと次に風が吹き始めるときの準備に風車をモーターで回しているようです。また、風向きに合わせて風車の方向を変えるのも、当然モータが使われます。そして、台風のような強風のときは、風車が壊れないように稼動させないようです。風を利用する技術はなかなか難しいんですね。
Commented by wisdom96 at 2011-07-27 16:25
あきともさん、こめんとありがとうございます。
確かに0°や180°ですね。風力発電は待機時にも電力は使いますね。それでも、技術革新でうまくやってほしいなと思います。