ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

寿都町花火大会

花火大会のシーズンですね。
うちの町でも大会がありました。
雨で日程が変更になりましたが、適度に風があってなかなか良い感じで花火が見られました。

しかし、なんと言うことでしょう・・・打ち上げ会場にあまりにも近く、そしてまさかの90mmマクロしか持ってきていません。
そんなときは開き直り。
別な感じで撮れるかもと考えてやってみるとなかなかおもしろいです。
e0142611_213631.jpg

e0142611_213214.jpg

e0142611_2133679.jpg

e0142611_2134964.jpg

e0142611_2153121.jpg

e0142611_2171791.jpg

e0142611_21113031.jpg


こうやって並べるとなかなかおもしろくないですか?

え〜と、三脚つけて撮った花火はこちらにありました。
これは奇麗です、普通に。
こちら
とかこちらからどうぞ!

人気ブログランキングへ
↑クリックで応援よろしくお願いいたします!
[PR]
by wisdom96 | 2011-08-21 21:15 | 季節の風景 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://wisdom96.exblog.jp/tb/15309598
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ちゃりおってぃ at 2011-08-21 21:18 x
ド派手だあああ!!

すげええ
Commented by wisdom96 at 2011-08-21 21:25
ちゃりおってぃさん、コメントありがとうございます。
予想外におもしろかったです。ハデハデだよね
Commented by あきとも at 2011-08-22 23:39 x
三脚付けた「こちら」とか「こちら」を拝見しましたが、ほとんど感動しませんでした。しかし、90mmマクロ手持ちのは、写真の力が圧倒的です。花火を撮るときは「90mmマクロ手持ち」に限るってことかな。今後、定番花火撮影方法として教科書に載るでしょう。
Commented by wisdom96 at 2011-08-23 08:31
あきともさん、コメントありがとうございます。
自分でも同じ感想を持っていたりします・・・
ダイナミックさはこういう方が良いのかって。
もうすこしぴしっとピントが合えば良いのですが、激薄ピントのマクロなんでね。しかもあれだけ動く被写体。
Commented by あきとも at 2011-08-23 10:28 x
「激薄ピント」なのは接写したときだけです。遠方のピントは普通の中望遠レンズと一緒です。マクロレンズじゃなくても接写したら、たとえばリバースして接写したら、かなり絞っても「激薄ピント」です。マクロレンズは接写したときの解像度とかピント面の平面性とかなどなどを重要視して設計したレンズということでしょう。
今回の花火の写真は中望遠だけど開放絞りでも無限遠のピントで大丈夫と思われますので、ピントの問題ではなくブレの問題だと思います。被写体ブレと手持ちゆえのブレが重なって、あの迫力となったと思います。どうしてもブレない写真を撮りたければ、機動力を考えて一脚で挑戦するという手もあろうかと思います。