ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

トウキョウトガリネズミ

今や北海道でも絶滅危急種、トウキョウトガリネズミがなぜか校舎内に。

ただのネズミだと思ったらしく外にぶん投げられました。
かわいそうすぎる・・・

で、見に行って写真撮影。

e0142611_1221274.jpg


まだ生きている。これはチャンスだ。
死んだのは良く見かけるけど、こんなチャンスはもうないかもしれない。

e0142611_1214359.jpg


日本で最小のネズミ。
かわいらしかったです。
でも、飼育環境もないし・・・次の時間まで生きている保証もないので、解放してあげました。

無事に生きてほしいけど、かなり厳しいことが予想できます。

人気ブログランキングへ
↑クリックで応援よろしくお願いいたします!
[PR]
by wisdom96 | 2011-10-27 12:04 | 動物・昆虫 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://wisdom96.exblog.jp/tb/16235226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あきとも at 2011-11-01 11:41 x
トガリネズミは下の妹が北海道薬科大学に通っていたとき、教室の?先生がトガリネズミの実験動物化をしようとしていて、妹はそれに参画していましたね。
石狩あたりで穴を掘ってトガリネズミを捕獲したり(餌はいらない)、飼ったりしていたようです。学校祭に一度行った時に、トガリネズミの影をちらと見たような覚えがあります。そのときの話では、トガリネズミは普通に実験動物であるねずみよりも豚や人間に近く、実験動物とする意味があるということでした。三十年近く前の話ですけど。
トガリネズミの写真を見て、ネットでちょっと見た哺乳動物の分岐図はトガリネズミは人間とかなり離れていて、話が違うなあと思いました。しかし、やはり気になってもう少しネットを探ったら
http://www.f.u-tokyo.ac.jp/~matsuki/suncus.htm
などがヒットし、実験動物としてきちんと意味があるということを知りました。
まあ、ここではトウキョウトガリネズミのことではなさそうですが。
皮下脂肪もなく、代謝率が高いトガリネズミは、絶食可能時間が短いので、写真撮影後に放たれた個体は、元気に生き延びたか心配ですね。

質問:体長はどれくらいでしたか?