ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

仕事の効率アップ

今日は仕事始め。
普段通り7:30には学校にきて仕事をしましたが、愕然とした事が一点。

数時間かけて、それも慣れないWindowsのマシンでさらに国産ソフトの一太郎である作業を。
さて、ここの罫線だけ消せば出来上がりとなって・・・ん?なにこの円いのぐるぐるまわったままなんですけど・・・窓の左上には「応答なし」とか書いてあるし。

まあ、バックアップくらいあるだろうと思ったのですがね・・・
この環境に詳しい人が早速手伝ってくれたのですが、そもそも窓自体が「応答なし」らしく、強制終了。そして「お、バックアップがある」と期待を持たせたものの、まさかの「振り出しに戻る」でした。まじか〜やめてくれ〜という状況に陥りました。
なおさらこの環境には入りたくないなと。

で、明後日締め切りのものがある事判明・・・いや知ってたんですがね・・・

正月に教えてもらった「集中して仕事ができるぞ」というエディタ。
もう明日から仕事ができないのでちょっと頼ってみました。
やばいです!これ最強かもしれない。

今調べると、MacだけではなくPCでもPadでもできるらしい。
ここから行けます

ちょっと驚異的な集中力で一気に作業が終了しました。
外は吹雪になりましたが、明日からしばらく更新できない可能性が高いです。
Wifiがあればやりますけどね。

人気ブログランキングへ
↑クリックで応援よろしくお願いいたします!

あ、あと教えてもらったUSB Catというのも笑います。
でも、家で一人で集中して仕事してるとき、かなりビビりました。自分で入れたのにびっくり。

それはこっち
[PR]
by wisdom96 | 2012-01-04 15:40 | 未分類 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://wisdom96.exblog.jp/tb/17166733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あきとも at 2012-01-05 00:00 x
私はMac Plusからの古い人間です。マシンをいたわる一呼吸(何かちょっとした事をやらせたときは結果が出るまで一呼吸待ってやる)と、三秒以上自分の手が止まるときはコマンドS(Macに於ての保存のキー操作)が癖です。
今となっては古いとお思いでしょうが、我が身を助けています。
お仕事のファイルはsave as(別名で保存)を区切り区切りで施し、どこまで行っちゃっても元に戻れる体制を保険として取っています。ファイルの数が膨れ上がって整理するのが面倒なんですが、HDの容量が許せばうっちゃっていても問題はない。百回に一回もそのファイルは必要ないのですが、急ぎの仕事の時に限ってトラブルから、保険は欠かせません。
しかし、メモリから宇宙の彼方に消え去った「労働の成果」ほど虚しいものはない。
とは言え、もう一度ファイルを作成する作業は一回やっているから半分以下の時間で完成できるし、クールなアイディアが付加される事も多い。総合的には良い事も結構あったりするが、芯から疲れる事には変わりはない。
私がする保存は単なる習慣に過ぎないとも言えますけど、作業に熱中すると忘れがちなので、「習慣」であることが重要だと思っています。
Commented by wisdom96 at 2012-01-11 13:44
あきともさん、コメントありがとうございます。
まさにその通りです。自分もマックの時には定期的にそのようにしているのです。まあ、それも何度か「振り出しに戻る」という痛い目にあったから何ですけれどね。大体マーフィーの法則が当てはまりますよね。急いでいる時程トラブルし、そろそろバックアップをしっかりしないとと思った時にはHDDがクラッシュするものですw