ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

マレーシア旅行22〜韓国は・・・

日本人があふれていました。アワビ粥の店もソウルタワーも日本人がたくさん。
そしてやはり日本人向けの看板もあります。
ちょっとだけ日本語苦手なんでしょうけれどね。
e0142611_1355875.jpg


これ、きっとマッコリかなにかをつくっている店なのでしょうね。
そそられます。
e0142611_13571379.jpg


有名そうなチェーン店でダッカルビなどをいただきました。
美味しかったですが激混みでした。
こちらは焼く自由が認められておらず、店の人が全てやってくれます。
学生時代の焼き肉やそうだったよな〜と懐かしくなりました。
道を歩けばものすごい勢いの呼び込み。
活気を感じますがテンションは反比例します。
ま、ひねくれ者ですからねw

また同じようにソウル駅を経由して仁川へ戻りました。
せっかくなのでソウル駅で一枚。
e0142611_13523261.jpg


まあ、おそらくこんなものを撮影していたのでダメだったのでしょうが、駅の改札で引っかかりました。ここの改札ではこの切符使えませんといわれましたがわからないので無理矢理通過させてもらいました。

e0142611_140387.jpg


駅はこんな感じで転落防止策が徹底しています。
空港の中に入りました。今回の旅行もほぼ終了です。
ものすごく楽しかったです。
自分の友達はは虫類なのだと思われたのか「ほれ、友達来てるよ」とか言われ続けましたが良い思い出です。なんて感傷に浸っていたからか、ここに来てまた事件です。

仁川国際空港の中でこんな正月っぽいものを見たりして油断があったのでしょう。
e0142611_147582.jpg


ゲートで手荷物が引っかかりました。
いや、何もないはずと強気でいましたが、「空けて確認します」とひとこと。
何もやましい事がありませんから「はいどうぞ」とはいったものの、あれ?なにかあったっけか?という状況です。

小さな財布を取りだして・・・しかも生徒からもらったミニーちゃんの可愛い奴(爆笑)・・・これの中なんですか?ときました。
あ〜やられた・・・

200円分の5円玉です!
正確には175円分。25円分、チャーター船のお兄ちゃん達にあげたんだった。
今回は残念ながらそれしか機会がなかった。食堂の女の子とかにあげたかったのにな。
海外に行って喜ばれるのが日本のボールペン。そして穴があいたコイン。なので今回5円玉を二百円分もっていったのです。どこでも引っかからなかったのにここに来てお陀仏。
「コインですよ、日本の」といったもののミニーちゃんの財布は空けられ確認。
やっぱり今回も女性係員。

中身が本当にコインだけなので返してくれました。あー恥ずかしいミニーちゃんの財布とおもって、カバンを取っただけなのですが気持ちが表れたのかバックルが係員の頬にぶつかりました。
「ごめんなさい」といいましたがちょいと痛そう。すみません。

ご飯も食べ過ぎていたのでラウンジに行ってもあまり効果なし。おまけにWifiつながらず。
早めにラウンジを出て、搭乗口で寝る事にしました。

大韓航空もA380もってるんですね。いつか乗りたいなと思います。上下に出たウィングレットだけが映っていますw
まあ、アジアには飛んでいないのでしょうが・・・

待ち合いゾーンには
ほとんど誰もいません。
さっそく目覚まし時計をセットしてベンチに横になって爆睡。
嫌な予感がして1時間後くらいに目が覚めました。目覚ましを確認した所、夕方の5時にセットしたつもりが朝の5時になっていました。危ない、ここに来て寝過ごす所でした。
すでに夕方の五時を過ぎています。もう少しの辛抱。

さっきまでいた飛行機がいなくなり、自分たちの乗る機が引かれてきました。
e0142611_14175851.jpg


ホントに終わるんだな〜なんだか寂しい感じです。

e0142611_14242146.jpg


そのせいかもしれませんがわずかこれだけの機内食完食できず。
外に出るとまさかの氷点下10度以下。気温差40度以上。
きた〜なんでこんな所にすんでいるのだろうと考えなから、今回の劇的に有意義な旅行を終了しました。

写真はまだまだあるので、おもしろいのがあったら掘り出しますw

人気ブログランキングへ
↑クリックで応援よろしくお願いいたします!
[PR]
by wisdom96 | 2012-01-17 17:44 | 旅行記録 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://wisdom96.exblog.jp/tb/17231304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。