ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

脱皮のあと

一時間程かかって、数千枚の写真の中から一枚必要な写真を発見しました。
今、新しいディスクに分類していれようと思っているのですが、なかなかできないでいて毎回無駄な時間を過ごしています。

問題なのは「絶対に撮影した」という変な自信な訳なのですがね・・・発見でできた時には嬉しいような悲しいようなです・・・

で、途中に今必要ない写真でなつかしーーーーーーーーーーーーなんてなったりしますが、自分は基本的に人を撮影しないので、こんなので懐かしがっています。

e0142611_23472479.jpg


教室でヘビやカナヘビを飼育していたときの脱皮のあとです。
これはカナヘビ。

なかなかおもしろいです。
昨日は夜中に本を読んで朝を迎えてしまいましたので、本日はまたHDDを閉じてしまいました。
またこれで整理するのは延期です・・・

人気ブログランキングへ
↑クリックで応援よろしくお願いいたします!
[PR]
by wisdom96 | 2012-02-14 23:49 | 動物・昆虫 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://wisdom96.exblog.jp/tb/17372751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あきとも at 2012-02-15 11:30 x
HDの中に数千枚の写真があるって、一番大事なお宝ですね。
気合いを入れてシャッターを切った写真のことは、レンズ・焦点距離・絞り・シャッタスピード・感度・光の状態などなど、写真を見た瞬間に思い出したりする。写した覚えのある写真は写しているに決まっている。銀塩フィルム写真の頃は、ちょっと躊躇してシャッターを押してない場合もあったけど、デジタルならそれもまずないから、写したものは写している。
しかし、分類するのは無理だと思う。なぜならば、分類基準が分類する時々で異なってくるから。今いる自分は未来の自分とは異なるから、未来の自分は今の自分の分類基準をしょうもないと思う可能性がある。あるいは、基準を忘れちゃっている。
だから、時間軸に添って保存しておくのをメインにして、その都度のその都度の必要に応じて拾い出して分類なり何なりすると言うのが実質的だと思う。HDDが許せば、拾い出すのはコピーでね。
まあ、写真に分類のタグ付けをしておけば将来の必要に多少の助けにはなるかもしれませんね。でも、結局、記憶にある「あの写真」を探すことになるでしょう。
Commented by wisdom96 at 2012-02-15 20:50
あきともさん、コメントありがとうございます。
あーこれも綺麗だなとか色々と思い出されるんですよね。
で、分類は図鑑チックにやっています。フォルダに動物ー脊椎動物ー魚類ー◆みたいな感じ。永久に終わらない気がしていますが、分類したものは使うチャンスがないかもなとか思ってもいます。でもサメやイルカは分類終了したので探しやすいですw