ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

ついにタージマハルへ(その2)

e0142611_21084602.jpg

ついにタージマハルだ。世界遺産。でもお墓です。
あまりにも美しいのですが、入場前に靴にカバーをつけます。

e0142611_21122707.jpg
以前来た時には、靴を預かる仕組みでした。
映画スラムドッグムリオネアでは、靴盗んだりしたシーンがあったはず。
e0142611_21082019.jpg

うわー白い霧の中に白いタージマハル。
青空にタージマハルもいいでしょうがこれはこれでいいです。
接近していきます。
e0142611_21075112.jpg

視点がおかしいですが、ここもこんな形になっていました。

e0142611_21080073.jpg

振り返ったらめっちゃ綺麗な門が・・・だんだん明るくなってきています。
全体像はもうないです。
それぞれのパーツはいろいろな宝石と大理石でできています。
全て手作り。
e0142611_21072113.jpg

e0142611_21072756.jpg

e0142611_21073364.jpg

膨大な量の岩石です。
これは黒大理石を文字に切り抜いて埋め込んだもの。
もうすごい技に絶句です。
e0142611_21073895.jpg
王は、ヤムナー川の向こう岸にこの黒大理石で
同じ形の墓を作ろうとしたのだそうです。

もしできていたらものすごく美しいでしょうが、現実は厳しいですね。
内部は、撮影禁止と書かれているものの、インドの人たち
ありえないほどの勢いで撮影していて驚きました。

やはり世界遺産。説得力ありすぎます。
前回はここでミツバチの巣などを発見したのですが、
今回はそんな余裕ありませんでした。

あと、写真屋さんとガイドさん。一枚100ルピーで買えと。
撮らなくてよかった。
「彼は写真撮りました、あなたは彼のために何ができますか?」とガイドさん。
「別に頼んでないので」・・・とほほですね。

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!

[PR]
by wisdom96 | 2015-01-13 22:30 | 旅行記録