ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

模造品・・・違うのかな?

去年を象徴する漢字は残念ながら「偽」でしたね。
年が明けても残念なことに「偽」がまかり通っています。

さて、昨日は近くの100円ショップによってみました。
100円ショップですますことができそうなものはそれで良しと妥協している部分も多いからです。
学校の授業で利用する50cmの定規などは、出入りの業者さんで購入すると数千円といわれるのですが、100円ショップに売られていたりします。

そうなるとつい100円ショップで自腹を切るという悪循環が生じてしまいます。
おそらく全国でそのような自腹切りの教員は相当数いるのだろうと思います。
悲しい現実です。

さて、普段RHODIAのメモ帳を利用しています。普通に購入すると一番小さいサイズで180円。この写真のPaulSmithのものは250円。何も変わらないのですが、何となくおしゃれっぽいというだけですね。しかも使うときには折り込んでしまっているので意味がないのです(笑)

方眼で精密な切り取り線が付いています。一冊80p。非常に便利です。
どんどんメモってという感じで使っているのです。

e0142611_11472737.jpg


ところが昨日100円ショップで見かけたのがこの隣のもの。
当然100円。サイズは全く同じ。中味も殆ど同じ。点線も付いている。80pだ。表紙の色もどう考えても超そっくり。

裏には150円の表示がありますが、あるルートで流れてきたのでしょう。100円です。どのくらい違うのかとりあえず1冊買ってみましたが、感想は価格ほどの差はないということ。これで十分って奴です。

メモはどうしても大量に使うものですから、安くて良いのであればそちらに流れてしまいそうです。

これって偽装ではないでしょうが模造品ですよね。
良いのかなこれでとは思うのですが・・・

こういうのって案外多くて、食品などにも見られますね。

先日みんなでお邪魔した店では、いつも「メロー」という魚が出されます。非常においしいので満足なのですが、それは以前「銀ムツ」と呼ばれていたものですね。
JASの規定で正式名を表示しなければいけないということになり、銀ムツとは表示できなくなったわけです。
そんな魚類はいくらでもあります。これは正直に名乗った時点で偽装や模造ではないと思っています。消費者が「あれに似ているものね」と判断して購入するのですから。

このメモパッド、どうでしょうかね?
RHODIAの国、フランスの人たちに怒られそうな気がします・・・
でもこれをつくっているメーカーでは当然「うちのオリジナルですよ」というでしょうし。まあ、せめて表紙の色くらい思い切って変えたら良かったのにと思いました。

だって、そっくりであるということは使い勝手だって良いのですからそこまで似せなくたって売れるはずですからね。

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2008-02-28 07:35 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://wisdom96.exblog.jp/tb/7379824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。