ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

これを食べて大変なことになったんだよ

先日、いつもの観察場所〜美々川上流〜が随分緑色になってきたという話を書きました。

昨日の夕方、そちらに向かってみたのですが、一人のおばあちゃんが川を覗いていました。
車から降りて挨拶をすると、いつもお世話になっているyumicoさんのところのおばあちゃんでした。

「何にもないわ」ということでしたが、しばらくの間川を見ながら色々なお話を教えてもらいました。

とにかく、この地域に非常に長い間いらっしゃいますので、本当に色々なことをご存じで、「へ〜行ってみたいな」というスポットをいくつか教えていただきました。

このあたりも道路改修で随分様変わりしてきているのですが、10年以上前に入った記憶がある沢も「誰かがマネキンを捨ててね・・・」ということで納得しました。

実はすばらしい沢だったのですが、道路が切り替えられてわからなくなっていたのです。その沢の下に降りるときに「マネキン」が落ちていたのです。はじめていったときにはまさに飛び上がるほど驚いたのですが、今はもう、その太ももも、草の下に埋もれているようです(笑)おばあちゃんも本当にびっくりした、といっていました。

e0142611_943926.jpg


そしてこれを見て「これってドクゼリですよね」という話に。
「最初に芽吹いている緑色のは全部ドクゼリだね」ということで前回の風景の緑はこれなのですね。

そして、ドクゼリを食べた話。
食べたのはウシだそうです。
開墾に入って厳しいある冬の事。

餌もなくなったので、この川の畔にウシを連れてきて、餌を勝手に食べさせたのだそうです。そのウシ達は、すべて死んでしまったのだそうです。
集落の人たち総出で、そのウシたちをウマなどを使って引き上げ、胃を取り除き食肉として売ってしまったとか。
自分らもみんなで一頭食べたのだそうです。

自分が驚いたのは、ウシたちは毒であることをわからずに食べてしまうのだなということです。
勝手なイメージですが、動物達は自己防衛でこういうものは食べないのだろうと・・・
それにしても恐ろしい話ですね。その後、その家はどうなったのか知りませんし聞きませんでしたが、大変だっただろうというのは容易に想像できます。

最後に川を見ながら「これが食べられたらね〜」で終わりました(笑)

人気ブログランキングへ
今日も応援よろしくお願いいたします!

毒草大百科
これで勉強しなきゃだめかもな・・・
[PR]
by wisdom96 | 2008-03-27 09:16 | 季節の風景 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://wisdom96.exblog.jp/tb/7609736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まる at 2008-03-27 15:26 x
雑草料理をした直後にこの記事を読んだのでドキドキしてしまいました。笑 ハイ!もちろん調べてから食べてます!アヤシイのはやめときます。ドキドキ・・・。
Commented by wisdom96 at 2008-03-27 20:54
まるさん コメントありがとうございます。
キノコなんかは図鑑を見てもなんだかな〜というのが多いですよね。
芽が出てすぐの植物も同じですよね。
いずれにしても、気をつけて(笑)
Commented by 団長 at 2008-03-27 21:04 x
わさびみたいなのが、ドクセリなんですか?
まわりのは、別?
Commented by wisdom96 at 2008-03-27 21:11
団長さん コメントありがとうございます。
そうです。ワサビ風がドクゼリです。重量感もあっておいしそうなんですよね。まわりのは別ですね。
Commented by yumico at 2008-03-28 10:47 x
家族はミミタコですが、聞いてくれてありがとう。
でもそういうことを文にしておいておくことが開拓史だと最近思っています。料理長とタケシが「たまにじいさんの話を引き出しておくべきだ!」と言っています。またおもしろい話がきっとあるのですよね。
え~と、当該農家はよく○○○の沢と呼ばれる○○○さんです。お父さんがなくなられて昭和42年ころ離農され千歳市内に住んでおられます。
芋の芽を食べた非農家出身の開拓農家って話は長沼だったかな。
Commented by wisdom96 at 2008-03-28 18:47
yumicoさん コメントありがとうございます。
そうおもいますよ・・・たくさんあると思います。100周年の時の掘り下げもまだまだ甘かったです。
ちなみに、おばあちゃんと話したとき、○○○はもちろん伏せ字じゃありませんでした(笑)