ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

登山記録2

こちらの続きです。

e0142611_1515614.jpg


まず地図に追記をしました。5、6、7を紹介しましょう。

北海道のこのくらいの標高の山だと、雪渓も随分残っています。
長期間にわたって縦走するときには、この雪渓をうまく使えば水を持たなくてよいので楽になります。

今回は水を持ってあがったのでかなり大変でしたが、石室の前には要煮沸ではありましたが、水がありました。ここを基地にして色々とできそうな気がします。


e0142611_13523130.jpg

こんな感じで⑤からは雪渓までのアクセスが確保されていました。

この雪が、石室で「雪渓ビール」の冷媒として使われていたのです。
スコップで綺麗に切り取られた雪はそれだったんですね。

⑥はヒグマ撮影ポイントです。
地図のBというポイントで今回ヒグマを確認しました。⑦という文字の近くのB(谷の下の方)を撮影したのは⑦のポイントです。これは朝方の5時くらいでしょう。

いずれも大きなヒグマで、すっかりビビッテしまいました。
凌雲岳は人が入り込めない山なのだそうで、クマはそれを十分分かっているのだとか。
ただ、翌日お鉢平の中でもクマ確認の話しがありましたので、どこでも危険ということになりそうです。


e0142611_14461617.jpg


e0142611_1456136.jpg

こうやってみんなで観察しました。
「え〜私の目、おかしいのかな〜」といっている人もいましたが、おかしいのは耳です。みんなで「あ〜ガスがかかってしまったね〜」っていっているのに聞いてないんですから。

次は⑦の桂月岳頂上から石室方向を見たショット。
ここは本当に何度もいったり来たりしました。
途中ナキウサギの声が聞こえていましたが確認できませんでした。


e0142611_14553419.jpg


人気ブログランキングへ
応援よろしくお願いいたします!

ナキウサギinLakeShikaribetsu
[PR]
by wisdom96 | 2008-08-19 15:00 | 旅行記録