ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

長い長い三十三間堂

京都駅近くからゆっくり歩いて三十三間堂に行ってきました。
高校の時に行って衝撃を受けたのを覚えています。
今回は時間に縛られることもなく、比較的じっくり見ることができました。

とにかく三十三間堂は長いです。
そしてその仏像の数とそれぞれの表情。
仏師によって全然違うのだと言うことが非常に良くわかりました。
湛慶と書かれた札が立っている仏はたしかにすごいな・・・と思うものでした。

1001体の千手観音のどの表情もちがいます。今、同じようにつくろうと思ったら、おそらくすべて同じ表情にしてしまいそうですよね。
手に持っている髑髏杖が気になっておそらく100体分くらいは比較してみたような気がします。

残念ながらたくさんの仏像の写真は撮ることができません。

あの壮観さを表現できないので、外からの風景を3枚。

e0142611_23143743.jpg

瓦は何枚使われているのでしょうね・・・

e0142611_2315202.jpg


ここの端から端までを使って「通し矢」という競技が行われています。

e0142611_23145242.jpg


その距離120mだそうです。もちろん流れた矢もあり、それが壁などにぶつかったあともあるのだそうです。

せっかく長い雰囲気が出たかなと思うアングルでしたが、向こうからおじさんが出てきてしまいました。けっこうガックリです。

そして、通し矢の大会の記録を表彰した巨大な記録盾が飾ってあるのですが、昭和40数年だかの記録のものの看板の文字が間違っているような気がしました。
あれ?なんていう字だったかな〜思い出したら追記します。

そしてここでも気になるのが、こんなすごい配置の仏像が地震で何も被害がないのか・・・ここにもその対策の工法について解説が書かれていました。
版築(はんちく)というものだそうです。Wikipediaなどにくわしく書かれていました。

人気ブログランキングへ

新版 古寺巡礼京都〈18〉妙法院・三十三間堂
[PR]
by wisdom96 | 2009-01-19 23:26 | 旅行記録 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://wisdom96.exblog.jp/tb/9444647
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。