ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

カテゴリ:未分類( 20 )

津軽海峡から見える風景に色々と興味深いものがあります。
その一つはやはりこの鯛島。WikiPediaで調べてみると、鯨に似ているとも書かれています。

e0142611_9235357.jpg


北海道の室蘭市に鯨半島とよばれている場所があります。

シルエットちょっと似ています。
でも生まれ育った室蘭の鯨半島の方が数段、一般人がイメージする鯨のシルエットに似ているなと思います。

まあ、いずれにしても、こういう奇岩のようなものを何かに見立ててというのは良くあることですね。本当にそっくりだなと思う物や、「ん〜」となってしまう物など様々です。


e0142611_939857.jpg


その点、やっぱりこれはよく命名したなと思います。
親子熊岩です。

さて、鯛島は浸食防止の処理をしたようです。
自然の摂理には逆行するということですね。
いつまでも残っていて欲しいのですが、自然が作り出したものは自然に変わっていくというのでも良いような気がするのですが・・・

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2008-09-23 09:41 | Trackback | Comments(2)
そういえば春に見たリンゴの花はこんな感じでした。

道の駅の物でしたが、今回はなぜかそこが猛烈な混み方で寄るのを断念。
途中のリンゴ農家で撮影したリンゴを紹介しておきます。

今は下の面も赤くなるように、下には太陽光を反射させる方法をとっているようです。
サクランボの農家さんでもそうしていました。


e0142611_143661.jpg


こんなにたくさん実っているのですが、一つを見てみるとこんな感じ。


e0142611_15298.jpg


片方はハサミで落とすのでしょうね。
これだけ重たいのですべて実ったら大変そうです。

花のうちにハサミで落とすのでしょうが、大変な作業ですね。

この後、収穫まで台風が来なければいいなと思いました。

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2008-09-18 01:07 | Trackback | Comments(0)
市町村合併で、アイヌ語を語源にしていたような町村が随分減ってしまいました。

道北エリアに「大空町」という町ができました。
女満別町および東藻琴村という二つが合併した物です。

女満別町は「メマンペッ」(泉池がある川)というアイヌ語。
東藻琴村の「藻琴」は「モコト」または「モムト」(眠っている沼)というアイヌ語からです。

この「大空町」の影にこの2つのアイヌ語が埋もれてしまいました。なんだかな〜という気持になるのは「道産子」の証。おそらくそんなことは富山県から来た高橋さんにはどうでも良いことだろうし分からないのでしょうね・・・

で、この大空町、たしかに大空がきれいです。空が本当に広がって見えています。
つまり何もないということにもなりそうですが・・・

そんなところには風景写真を撮りにたくさんの人たちが集まっていました。
夕暮れ時に通過したのですが、何かあったのかな?と思うくらい多くの人が集まっているのです。車は2重駐車、すごいレンズの人から携帯電話の人まで・・・



e0142611_1833041.jpg


なんだこれ?と思って、見てみると「メルヘンの丘」という場所だそうです。

それならということで、三脚利用の人が多い中でしたが、持ってもいませんから手持ちで一枚。
それでも結構きれいな写真になりました。


e0142611_1854279.jpg


北海道の四季絶景撮影ガイド―憧れの北の大地を撮る 238景 (Motor Magazine Mook カメラマンシリーズ)

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2008-08-13 18:09 | Trackback | Comments(4)
普段使っているPowerBookのドライブが異常で修理に出しました。
締め切りがあったりで忙しい時期なのですが、AppleCareという無料修理期間が15日に迫っているので、しかたがありませんでした。
液晶も調子が悪い感じだったのですが、それも修理してくれることになりました。
3年間保証の分のもとは十分にとれた気がします。

普段は17インチですが、今はiBookの12インチです。
使えるソフトもちょっと違うので、なかなか調子が出ません。
昨日はBlogの更新も出来ませんでした。

さて、画像なしで何か書けることーーーを考えてみると、
いつも連載させてもらっているRikaTan(理科の探検)編集会議と「わくわく実験」というイベントが、初めて東京以外で開催されます。それが千歳市。
編集長が行きたい店があるのです。
まあ、それ以外にももちろん理由はあるのですが、Wisdom96のメンバーで歓迎モードになる予定です。もちろん実験もです。

自然体験ということでカヌーにも行きたいということで限られた時間の中で出来ることをでという雰囲気でしょうか?

北海道の方で参加したい方はいませんか?
[PR]
by Wisdom96 | 2008-06-12 15:38 | Trackback | Comments(0)
東京で浅草・合羽橋周辺をうろついていたときに発見したもの。
浅草寺近くで仲見世通りではないところ。

e0142611_10105431.jpg


コンニャクイモだ!しかもでかい!

見ているとお店の方が出てきて色々と説明をしてくださりました。
このコンニャクイモをコンニャクにすることはないそうです。ここまで大きくしたものは単純に観賞用なのだそうで、4年もの。それにしても凄い大きさです。
日本人の特徴でしょうか、上に小銭があるので比較対象にはもってこい。

「写真を撮らせていただきたいのですが」とお願いしたら「もちろん良いですよ」ということでした。土曜日だったらコンニャクづくり体験をしていたんですよといこと。

でた〜コンニャクづくり。

今から2年前、自分らWisdom96のメンバーは例会で「コンニャクイモからコンニャクづくり」というのをやってみました。それはもう刺激的な体験で被害者続出。

「素手で触ってはいけません」等と書いているのですが、そう書かれると色々とやってみたくなるのです。

しかし結果的にこれは、うちらのサークルの10年の歴史の中で最高の出来事、被害を出したのがこの実験でした。

生のイモは通信販売で3個1kg500円、送料1200円だったそうです。

コンニャクはサトイモ科の植物です。サトイモ科の植物は生で食べる事はありませんし、クワズイモやマムシグサなど有毒な物が非常に多いです。
そしてこのコンニャクイモもそうでした・・・

事前情報では「蓚酸らしいぞ」ということで、それならホウレンソウにだって入っているしということで、いけない好奇心が首をもたげました。
はじめに、ちょっと食べてみると、イモらしい粘りとともに、サクサクした感じ。
そして「ん、何ともないわ、イモだイモだ」と・・・

ところがそこから悲劇は始まったのです!

1分以上経過した時に、急に口の中に刺すような痛みが・・・なんて甘い物ではありません。恐ろしい激痛です。口内、舌、喉・・・もう参りました。
「何ともない」と言った直後に食べ始めた人はおなじように症状が。

ヤバいわ・・・と言っているのに結局全員が体験してしまいました。

酸ならアルカリで・・・ということで重曹で歯磨きしたりしましたが全く効果なし。コーラが何となく効いているような気もしましたが、完全な気のせいです。
1時間以上も痛いまま、他の実験をして無事に終了しました。

もちろんコンニャクもおいしくいただきました。

しかし、はじめにこれを食べた人、食べようと思った人、食べられるように加工を考えた人はすごい物だと思いました。
食文化の奥深さですね・・・

この写真のイモをすべてコンニャクにしたら相当量のコンニャクになるでしょうね。

またやってみたくなる実験です。

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2008-03-02 10:21 | Trackback | Comments(0)
今週のはじめあたりから、つじつま合わせのような勢いでとてつもない量の雪が降りました。

それでも季節は確実に春に向かっています。
札幌地方の今日の予想最高気温は4℃。プラスです。
ということは、数日で降った雪が一気にとけることになります。

例年よりも雪が少ないという予報だった札幌地方で、昨年のこの時期の積雪は55cmだったそうです。
それがここ数日のつじつま合わせで昨日のピーク時には105cmだとか。
これが一気にとけ出すわけですね。

今朝の通勤時、いつもよりも早く出てみたのですが、目につくのはペアで行動する鳥たちです。
昨日も教室の窓から見える巣箱に小鳥が出入りしているのを見かけました。
繁殖場所を探しているかのようでした。

今朝、気になったのがこれです。

e0142611_9173366.jpg


スズメたちがいつもよりも活発に活動しているのです。
#スズメの向こうには月も見えています。ピンぼけですけど・・・

で、この木を拠点に何をしているかというと、近くの道路標識に移動するのです。
道路標識のパイプには良く巣を作っているようですから、やはりそのための下見なのかもしれません。

以前お世話になっていたdoblogのなかにこんな記事を残してあります。

さて、このスズメたちですが、やはり狙っているのはパイプ。
ここには4羽いましたが、しっかり2ペアになっていました。
片方を撮影できました。

e0142611_9295327.jpg


本当に仲が良さそうですよね。

この時期からこうやって二羽で生活していくのかはわかりませんが、自分が下の写真を撮影できたのは5月。2ヶ月も先になります。

e0142611_932149.jpg


もう少し鮮明に写すことができればよいなと思っています。

さて、そして学校に来てみるとなぜか普段聞こえない「ネコ」の声がするのです。
おかしいなと思って耳を澄ますのですが、やはりネコの声。
鞄などを置いてちょっとウロウロしてみましたが、足跡などは見あたらないのです。
ふと上を見上げるとこいつらが!

e0142611_9344087.jpg


なかなかこちらには来てくれませんから、残念ながらこんな写真しか撮れませんでしたが、ネコの声の犯人はこの二羽です。

これも以前のBlogの記事ですが、前聞いたときには、もう少し技を披露してくれていたのですね。

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2008-02-29 09:39 | Trackback | Comments(0)
今日の朝も、かなりの雪でした。
降り積もった量というよりは、湿った雪がまたまた吹きだまったという感じでしょうか。
市街地でも道路状況はずたずたですから、郊外に行くと悲惨です。

校区の子どもらの通学路状況を見に行きましたが、こんな状況でした。
わだちの深さも相当で、もちろん歩道もありません。
すでに学校には送ってもらったあとのようでしたが・・・

e0142611_14365638.jpg


いつものぞきに行く美々川の朝の状況はこんな感じでした。
車から降りると一斉に飛び去りますから、静かに窓を開けてそこから超不自然な格好で撮影したものです。ピントも甘いのですが、これが本当に大量にいます。

e0142611_1442879.jpg


これを見て思い出しました。
JR神田駅の近くに「浜よし」という店があります。

こんな感じらしいのですが、その店の軒先には、上記のカモたちがこんな感じで並んでおりました。

e0142611_14465032.jpg


これ、自分はそれほど抵抗がありませんでした・・・というか、むしろ興味がありましたが、引く人は完全にどん引きでしょうね。
東京の街中で、思わぬものを見せてもらってちょっとうれしかったです。

でも、ニワトリだってブタだってこうやって食卓に上っているということを忘れてはいけないなと思います。

人気ブログランキングへ
ここのランキングは、こちらのBlogに付け替えました。
こちらでも応援よろしくお願いいたします。
[PR]
by wisdom96 | 2008-02-27 14:50 | Trackback | Comments(2)
コダカラベンケイソウに花が咲いています。

e0142611_912422.jpg

葉の脇に芽がたくさん出て、それが落ちることでどんどん仲間を増やしていくことができるのですが、このように花を咲かせるのです。

灰色の花粉が特徴的です。
めしべの先を拡大してみると、こんな感じです。
みずみずしいですね。


e0142611_916317.jpg


この花は随分長い間咲いています。

子孫を増やすためのしくみがすばらしいですね。
感動します。
[PR]
by wisdom96 | 2008-02-27 09:18 | Trackback | Comments(4)
土曜に東京大学付属中高で行われた研究会に参加してきました。
「学びの共同体」というものを主眼においた研究会で、本当に勉強になりました。

佐藤学さんの講演は非常になめらかで、論旨も伝わりやすく、もっと長い間細かく聞いていたい物だと思わされました。
そしてやる気にもなりました。
500名以上の参加者がありましたが、みんながんばっているのだなというのが伝わってくる感じでした。


その間、北海道は大変なことになっていたようです。
夕方6時の飛行機でしたので、5時には空港に。
すると、自分の便はサスペンド。どうも飛行機が来ていないようです。
他の便もそんな感じ。

配置する飛行機が決まっているので、そう簡単にはやりくりできないことくらい誰でも気がつきそうなものですが、怒りまくっている人もいます。

e0142611_20222590.jpg


そんな時、会社側の対応もしっかりすればよいのになーーと思いました。


これを見たらわかるように、予定時刻の順序が乱れているのです。

e0142611_2023321.jpg


出発予定が入れ替えになっているのです。

19:35発が19:55へ。まあこれは十分許容範囲。
しかし18:05発が21:00。これでムッとしているところに表示の通り両方とも搭乗手続きをしているような表示になっているのです。

そんな感じで、みんなの怒りはピークに。
はじめ、20:00には飛ぶといっていたので、自分はPowerBookの電源を荷物に入れたまま預けてしまいました。21:00なら仕事できたのにな・・・。

で、さらに怒りを増長させたのは、20:45になっても何の動きもなく、急に20:50に「搭乗口の変更です。14番ゲートに移動してください」っておいマジですかモードでした。
さらに18:30の便はさらに遅れて21:40発なのだそうで、早い便に振り分けようとしたらしいのです。
「手荷物をお預けではないお客様はキャンセル待ちカウンターへ」と流れたあと、「手荷物をお預けのお客様も」となりましたが、「手荷物の移動は時間的に無理になりました」と来ましたので、「あーあ」て気分で終了。

飛行機に乗ったあとも、もう少しでつくかなというところに来て、外では何度も月が前側から後ろ側へ。旋回中です。まあ、千歳空港が混んでいるのでしょう。
無事についてもさらに悲惨。荷物が苫小牧市の中学校の吹奏楽部の荷物が優先で小一時間出てきません。


やっとの思いで戻ると、雪はこんな感じでした。
自分の車の車高は168.5cmですから吹きだまりのイメージはわくでしょうか。

e0142611_20241482.jpg


一時くらいになっていましたから羽田から8時間ほどかかったことになります。

学校に来たらみんな心配していましたが・・・、どうやら吹雪の中、吹きだまりにつかまってまさかの15時間車中に閉じこめられた人がいたようなので、悲劇のヒーローはその方に譲ることとして・・・(笑)
[PR]
by wisdom96 | 2008-02-25 18:21 | Trackback | Comments(0)
学校の林の中には、クルミやサクラ、トチやナナカマドなど多くの種類の木があります。
しかし、そのうち何本かが電話線に引っかかり、その一部を切断するということになりました。
それは昨年の初冬のことでした。


冬芽の準備も終わった頃に、残念ながらバサバサと切り落とされたのです。
薪になるようで、持って行ってくれた方もいるのですが、残っていた枝の一部を理科室の衣装ケースの中に差しておきました。

あ、衣装ケースといってもまさに「畑」なのです。何でも植えてある感じ。

差して置いたのはクルミとトチです。
クルミはだんだん乾燥してきてだめな雰囲気を醸し出していたのですが、トチはあまり変化なく冬芽の艶々感は残ったままでした。

他の花たちも咲き出しているように、随分暖かい室内になってきたからなのでしょうか?
今日見てみると、冬芽がほころびだしてきていました。

e0142611_20262915.jpg



もう1週間もしたら、葉が開きそうな気配です。

問題は根がどうなっているかなのですが、今掘り出してみるのは問題でしょうから、放置してあります。
うまくついていて、育ってくれると良いなと思います。
室内で樹木だとどうしてもヒョロヒョロになるでしょうから、地面におろしたいなと思っています。
がんばれーーーーーーーー!
[PR]
by wisdom96 | 2008-02-21 20:32 | Trackback | Comments(0)