ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

カテゴリ:旅行記録( 303 )

第一次世界大戦時で戦死した兵士の名前が刻まれているインド門。

e0142611_23214393.jpg
なんとなく写真が曲がっていて変に気持ちが良くないです。

e0142611_23215189.jpg
ここに名前が入っているんですね。調べてみると42mもあるんですね、高さ。

e0142611_23220086.jpg
しっかり守られていました。
奥にもあってカッコ良く映ります。

e0142611_23213510.jpg
このインド門を撮影する二人。
弟の頭を三脚にするという新しい手法。

e0142611_23212919.jpg

このインド門の前の交差点には信号機。
恐ろしいほど短時間で変わります。
普通に歩いて渡りきれるかどうかな感じ。

横方向は信号機が壊れているのではないかと思わされる長さでした。
まあ、信号があるだけいいのか、みんな守ってるし・・・

e0142611_23220846.jpg

やっとインドのカラスも撮影できました。良かったですw

e0142611_01552276.jpg

これ、警察の救急車です。警察のってなんだろう・・・


↑クリックで応援よろしくお願いいたします!


[PR]
by wisdom96 | 2015-01-28 23:34 | 旅行記録 | Trackback | Comments(0)
今回の旅では、デリーでゆっくり時間を使うことができていません。
最終日、インドの市内見学を。
ただし、この日も随分天気が悪く、小雨に霧。
メトロもできたのでそれで回ろうかとも思いましたが、この天候にげっそり。

ホテルの人がどうするんだと話しかけてきて、いいドライバーいると。
価格も随分安かったので、その人にお願い。

時間通りに来てくれたドライバーはものすごくでかいおじさん。
まあ、見るからに良い人そうでした。
車に乗って驚いたのがこれです。

e0142611_01545450.jpg
えーーーー
これは会社からの専用電話とか言ってました。
確かにアンテナついてて驚かされます。
斬新ですねぇ、インド。

プランを色々と相談したのですが、まずはヒンドゥーのお寺に。

e0142611_01545941.jpg
Lakshimi Narayan Temple

入るのには靴を預けて裸足。
雨の後で濡れて冷たかったけど気持ちよかったです。

e0142611_01552875.jpg
内部を写真に撮れませんが、それはもう立派なお寺でした。

e0142611_01550477.jpg
ゾウの彫刻付きの柱

e0142611_01550945.jpg
こちらはサル

動物をモチーフにしたものが随分ありました。

そして、リスにはちゃんと餌をあげています。
たくさんのリスがうろちょろ。

時間がないのに、こういうのにつられてしまいます。

e0142611_01551420.jpg
駐車場から入り口までの間にこんなトラップに引っかかりました。
時間がないので、ダッシュで移動です。

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!

[PR]
by wisdom96 | 2015-01-28 02:10 | 旅行記録 | Trackback | Comments(0)
ご夫婦で牛を・・・散歩?なんだろう?

サンタンボールからデリーに戻るには、
幾つかの経路がありますが、
ジャイプール経由で帰ります。

時間的には変わらないのと、ちょっと予約していたものがあるのです。

e0142611_00421713.jpg
e0142611_00422230.jpg
あの、カーペットなどの工場です。
3日前には作業していなかったこんな大きな布のプリント。
e0142611_00422763.jpg
黙々と作業しているおじさんに、
またTシャツにゾウの木版画やってもらいました。
快くやってくれました。

レストランに寄りました。
ここでは、なんだか猛烈な数の弦を持つ楽器を弾かせてもらいました。

e0142611_00423212.jpg
これで、パーカッションも一緒にやっているのですごいですね。

e0142611_22451761.jpg
トラクターは本当色々な物を運びますね。
e0142611_22452289.jpg
ラクダに乗り、ダブルデッカーのバスに乗る。
なんだかすごいですね、やっぱりインドは。
e0142611_22453854.jpg
これもすごいです。
基本的すぎな自動車、トラックです。
荷台にエンジンとハンドル、タイヤだけつけたんですね。
椅子も窓もありません。
でも、動くんだから良いといえば良いですよね??
シンプルすぎます。

シンプルといえばこれ、

e0142611_22452843.jpg
自転車の方もシンプルですが、この車の修理方法はどうでしょうか?
リフトはないです。掘ればいいんですね、下を。
電力も何も使いません。車が移動すればいいだけです。
人間が下に降りるだけです。

e0142611_22453395.jpg
家の塀の外。ここはもうカオスです。
絶対に異臭ですね。ゴミもすごいですが、右から1番、2番目の電柱の間。
写真のぼぼ周辺には、おそらく大きな牛の屍体。
それを食べる犬。
物質もこうやって循環しています。

なんだか、移動はこうやって楽しいのですが、
車での旅が終わりに近づいているのです。

こんなに色々よくしてくれた運転手のVinayとのお別れが近づいているんです。
明日の、デリー観光もお願いしようと思ってはいたのですが、
会社から電話が入って、別件が入ったので、他の運転手にするか?って。

そこはちょっとやめておいて、自分らでやるからと言いました。
会社のOfficeについてみんなで別れを惜しんで・・・

本当にお世話になりました。
e0142611_22454563.jpg
彼とは帰国後もメールでやりとりしています。
今度デリーに行く時には、彼にまたお世話になりたいです。
ジョードプルとか、エローラとかに行きたいからな。



人気ブログランキングへ

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!

[PR]
by wisdom96 | 2015-01-25 23:15 | 旅行記録 | Trackback | Comments(0)

サンタンボールでやることが終わり、デリーに戻ります。
ここでも、列車ではなかったことをよかったと実感。
e0142611_00414188.jpg
ついにこうやって、地元の子たちと交流。
e0142611_00414632.jpg
e0142611_00415109.jpg
ここはとても裕福とは言えなさそうな小さな村。
ここで、ちょっと休憩したのですが、ボールペンだ!
持っていったボールペンを渡す時が来たのです。

それでも、まだこの子達は良い方なのですね。

e0142611_00415796.jpg
e0142611_00420233.jpg

同じくらいの年齢の子たちでも、こうやって働いている人もいます。
なかなか現実は厳しいなと思いました。

e0142611_00420777.jpg
親子で歩いている姿も目にしました。
そんな中、こんなに巨大なトラックが。
荷崩れとかしないのでしょうか?


e0142611_00421234.jpg
恐ろしいですね。

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!

[PR]
by wisdom96 | 2015-01-25 07:56 | 旅行記録 | Trackback | Comments(0)
e0142611_22105453.jpg

村に入っていくと、みんなニコニコ顔で、謎の日本人に興味津々。

ちょっと火にあたっていきなよ的なノリでした。
写真にも超ニコニコ対応。

e0142611_22110253.jpg
シャイな男の子が、こちらを見ていて、母親は奥でご飯を作っています。
この人もニコニコ。

そういえば、自分らは日本であまり使わない試供品とかのボールペンを
大量に持ってきていたのです。
どうせなら配って使ってもらおうと思って。

それなのに、このラクダの展開は予想できず、持ってきていなかったのですが
一人が日本でも高級、なめらかな書き味のJetStreamを一本。

早速この子にあげました。喜んでくれていました。

e0142611_22110924.jpg

自分は写真を撮れなかったのですが、
この少年、すぐに自分の手に何か書いていました。
失敗しました・・・もっと持っていたのにな。

e0142611_22111725.jpg
大きなバケツに水を入れて運んでいます。
これは何かのプラスチック容器。
でも、頭の上にはしっかりバランスをとるための道具を挟んでいますね。
e0142611_22112306.jpg
このお姉さん、相当な色彩の組み合わせですが、まあ本当に似合うのです。
みんな美しいです、ニコニコしているし。
重そうですね・・・

e0142611_22114223.jpg
50mくらい進むと、水がじゃんじゃんあふれていました。
ここにみんな汲みに来ているんですね。
女の人の仕事なんですね・・・

e0142611_22115314.jpg
男の人たちはこんな感じで、話しかけてきてくれます。
猛烈な深さの井戸がありましたが、
そこが使えなくなって、今はあそこから水を汲んでいるんだそうです。

この、白シャツのお兄さんに、写真送らないとな・・・
住所を教えてくれたんです。

e0142611_22121123.jpg
めっちゃ綺麗な緑。
今度はもう少し暖かい時に来たいな・・・

e0142611_22122936.jpg
こうやって、お姉さんたちがまたニコニコ。

そういえば、ラクダに乗ってるんじゃなくて歩いてるなw

再びラクダに乗って移動開始。
e0142611_22125413.jpg
道路に近い、新興住宅地側に来ました。
こんな綺麗な大理石が無造作に置かれています。

e0142611_22130488.jpg
それでも、こうやっておばさんは昔ながらの箒で掃除中。
近くにはブタがウロウロしてました。

幹線道路に出ると、こんな感じでトラクターは砂を運んでいます。

e0142611_22131856.jpg
ものすごいデコトラが走ってます。
クラクションを鳴らしまくって。

e0142611_22132825.jpg
先日のゾウの関係もあって、一時間と言ってたけど何分くらいかね?
とか言ってた予想を大きく裏切る形に・・・1時間以上かかりました。
ちょっとさっきの村に滞在してみたいなと思いました。
そういうの無理なのかな・・・
言葉がなかなか通じないけど、今度できたらやってみたいなと思いました。

e0142611_22134981.jpg
これはホテルの駐車場。
このブタ達にバナナの皮をあげてみました。

めっちゃ食いますw
日本ではイノシシに襲われるというニュースをよく見ますが全然です。
フレンドリー。
食べられない自信があるからですかね??www

人気ブログランキングへ
↑クリックで応援よろしくお願いいたします!

[PR]
by wisdom96 | 2015-01-23 22:58 | 旅行記録 | Trackback | Comments(0)

ラクダのおじさんは、本当に朝に来ていた。
前日、トラも観れたし、クマも観れたので、
今日は朝の4時からチケットを取りに行く必要もなく、
7時にラクダを待っていました。
ちょっと雨なのでテンション下がるなと思ったら、
おじさんは屋根付きの車みたいのをラクダにつけてきてくれました。

e0142611_22501900.jpg
ラクダの足についている鈴が鳴っていてなんとも不思議な感じでした。

e0142611_22500848.jpg

朝食の時間。小さな町ですが、やはりこうやってご飯をみんなで食べています。
自分で作らないのかな・・・

幹線から、小さな村の方に進んでもらった。
そんな小さな村の生活を見てみたかったからです。

e0142611_22510436.jpg
赤砂岩の塀を作る材料。
この三輪車ゴミですね。
e0142611_22511105.jpg

羊飼いのおじさんが、こちらに向かって手を振ってくれていました。
羊飼いずいぶんいるな。
そして年齢層も様々。
結局カーストの名残というかカーストでしょうね。

e0142611_22504662.jpg
この村には、新興住宅地が。
これから開発する感じです。
足場が・・・支柱が・・・竹です。

e0142611_22505259.jpg

飼い犬です。なんだかシュッとしていて、やっぱりなんか違うのです。
野良の気合の入り方と。
飼われている方が幸せなんだろうか。

e0142611_22512320.jpg
この地方は、ラクダも家畜。動力源ですね。
力もありそうです。
何と言っても粗食にも耐えそうです。
e0142611_22503058.jpg
こんな感じで、アカシアのトゲトゲの枝から葉をちぎって食べます。
絶対にいたいと思います。無理です。

e0142611_22503637.jpg
ついにこんな近くで牛糞燃料を撮影できました。
これがいいですよね。
完全に利用しきる感じです。
素晴らしいなと思います。
日本じゃ無理ですね、絶対に。

e0142611_22502498.jpg
こうやって乾燥させて、燃料として使うのです。
すごいな、このシステムは。


人気ブログランキングへ

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!

[PR]
by wisdom96 | 2015-01-22 22:01 | 旅行記録 | Trackback | Comments(0)
なんだかレンジャーやドライバーを勘違いしていました。
消化試合か〜とか思っていたのですが、今度はクマらしいです。

e0142611_20501221.jpg

これまたよくこんなものを発見できるなという感じです。
どのくらい離れているでしょうか。30mくらいかな?

みんな必死に観察していますが、わかるのはなんだか「掘ってるのか?」
という動きだけです。

e0142611_21531500.jpg
隣のジムニーの人たちがめっちゃ絵になっていました。
真剣に観察しています。
かっこいいね。

途中で車を移動してくれました。
「こっちに来ると思う」のだそうです。
すると・・・
本当にこっちに来ました。
というか10mない感じのところくらいまでです。

ちょっと興奮、トラレベルくらいの興奮です。

e0142611_21534938.jpg
e0142611_21532016.jpg

しかも2頭になったんです。
やー凄いぞランタンボール。

そうこうしているうちに時間になって戻るよという話に。
サイドガイドさんとハイタッチ。

公園の出口でチップを渡してお別れです。
何が残念って、名前忘れてしまいました・・・ごめんなさい。

e0142611_21535691.jpg
ホテルに戻る途中には、「ザクロを食べたい」ということで、
道端で降ろしてもらう交渉をしている人が・・・
どうしても食べたかったようです。

e0142611_21540498.jpg

交渉していますが、かなり高かったです。
そして、おいしかったです。
この交渉の失敗の最大の原因は「横から入ってきたおっさん」です。
きっと、「もっととっていいだろ」くらいのことを言ったんだろうな。

まあ、こういうのも大学生にとっては交渉術として大切ですね。
ホテルについて、ドライバーさんともお別れです。
ザクロ買ってまあ納得な人とwww
e0142611_21541156.jpg
そして、なんだかタイミングがおかしい夕食??昼食食べてない・・

ホテルの人が「あいつら食うぞ」くらいな感じで、
野菜をこんな風に持ってきてくれました。

トマト、キュウリ、ダイコン、タマネギです。
でも、こんな気合い入れられると、食べにくいよ・・・崩すのもったいない。
e0142611_21541821.jpg
食べるのが体力維持の基本です。
はい、自分とこの人は劇食いです。
元気です。
e0142611_21542649.jpg
でもさすがに外のプールでは泳ぎませんでした。
e0142611_21545883.jpg
ネパールの時は、緑色だったよな、水。

それにしても、ランタンボールはすごいところでした。
大満足です。
来れてよかった。

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!

[PR]
by wisdom96 | 2015-01-21 21:09 | 旅行記録 | Trackback | Comments(0)
ジムニーが突然走り出した。
なんかいたらしい。
キャンターを打ち抜く。
(よかった、ジムニーにしておいて)
コース外を疾走する。他のジムニーも打ち抜く。

20mほど先のブッシュの中を指差して、レンジャーが
Tiger!!
と。
ん?わからないんですけど・・・
と思ったが、若者たちは「いた、やばい」と。
ん??どこだ???

いたいた、寝てるというか横になったいる。
すげー!ついに発見した。
なんだか色々あるらしく、滞在時間は3分くらいだろうか?
刺激しないとか、他の客に場所を譲るとか色々あるんだろうな。

ちなみに自分はまさかの100mmマクロでした。
変える時間なし。不覚でもF2.8効いてます!
e0142611_19043502.jpg
レンジャーとハイタッチ!まあ、ものすごく満足した感じでした。
win-win状態です。

e0142611_21261281.jpg
サンバーも出てきました。
これなかなか鈍感らしく,トラの格好の獲物なんだそうです。
でかいんで、これを一頭とればかなり余裕なんでしょうね。

e0142611_21260212.jpg
レンジャーの技を見せつけられます。
ここにフクロウ。まあ、定位置なんでしょうがすごい。

e0142611_21262353.jpg
目立たない鳥。サギの仲間ですね。

e0142611_21262983.jpg
生キングフィッシャー。

e0142611_21530544.jpg
シギの仲間です。

3時間半の予定でここまでで大体2時間ほど。
なんだか消化試合の様相を呈してきました。

まあ、トラ見れたんでそうなるさな・・・
ドライバーもレンジャーもそんな雰囲気。

いいよ、見れたからねという気分にはなりました。

人気ブログランキングへ

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!


[PR]
by wisdom96 | 2015-01-20 22:12 | 旅行記録 | Trackback | Comments(0)

午前の部を終わって、まずは腹ごしらえ。

All meal includedって書いてるんですが・・・

e0142611_19030218.jpg

ちゃんとありました。ありがとうございます。

オムレツとパンですが、全然OKです。


ちょと部屋でごろごろして、14時にホテル出発予定。

明日の朝も行かなきゃならないかな?と思いつつ、

でも気温的には午後だなって気もしながらジムニーを待つこと15分。

e0142611_19031179.jpg

流し撮りの練習とかしたぐらいにして。

まあみんなカメラには反応しますね。

e0142611_19033469.jpg

トラクターもこういう風に使うんですね。

e0142611_19034151.jpg

ラクダも全開で活動しています。

そして、このおじさん、明日の朝来るから乗らないかってことでなんとなく乗ることに。


ジムニーがきて、いよいよスタート。

今度は全然違うエリアへ。

午前とは反対側です。

e0142611_19034710.jpg

すごい地層とか見えていました。

そして、ここから切り出した赤砂岩を壁材に切り出しています。

すごいよねぇ。いいなぁ。破片もらってくればよかったです。

e0142611_19061024.jpg

ゲートに入っていくと、チケット見せたりで少し時間が。

その間、サル観察です。

ジャンプ力すごいねぇ、こいつら。

e0142611_19061914.jpg

またシカです。なんかもういいです。

ツノすごいけどね・・・


e0142611_19063010.jpg

綺麗な鳥もいます。でももういいです。


e0142611_19210374.jpg

はいわかってます、この鳥逃げないもんね。

e0142611_19063784.jpg

うん、これマメ科だよね、わかるわ、アカシアの仲間だよね。

もう目標はトラなのさ。トラ見に来たのさ・・・




人気ブログランキングへ

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!


[PR]
by wisdom96 | 2015-01-20 19:22 | 旅行記録 | Trackback | Comments(0)

さて、いよいよ最大の目的だったトラ探し。

ランタンボール国立公園でのサファリです。


デリーでは、圧倒的な勧めで、キャンターで予約してありました。

トラックの荷台を座席に変更してみんなで見る感じです。

今までのサファリでは、ジムニーを改良したものでしたが、

それだと高い(値段ね)からということでした。

ところが、現地でキャンターを見ると、

これじゃあダメだなということでジムニーに変更。

e0142611_21092468.jpg


そうそう、まずこの日のチケットがかなり大変。

誰か一人がチケットを買いに行くぞということでじゃんけん。

スタートは4時だそうです。じゃんけんに負けた本人と連れでもう一人。

若い順番にという感じでした。これ決定時はすでにその日になっていました。

まあ、頑張ってね~って感じ。


朝、起きるとまた猛烈な霧。冷え込んでいます。

ジムニーが迎えに来ました(ジプシーと言います)。

フルオープン。なかなか快適ですが、シートには新聞紙を敷いてくれました。

朝露で濡れているからですw

e0142611_21092989.jpg

20分くらい走ったでしょうか?国立公園のゲートをくぐっても、サファリ感ゼロ。

この先に寺院があるらしく、そこに参拝する人がたくさんいるからです。

新年なので当然と言えば当然ですね。


第二ゲートを通過すると、いきなり自然度が増した感じ。

感覚が狂っているのか、こんなのを見ても感動します。

北海道にもたくさんいるよな・・・今なシカは。

勘違いしないようにしなければ。

e0142611_21093740.jpg

トイレタイムでは、こんなのが近寄ってきます。

そういえば、インドの動物達、人のこと全然気にしないな。

チャイロオナガというカラスの仲間ですね。

e0142611_21094487.jpg

ジムニーのフルオープンはこんな感じです。

なかなか走破性が高いです。さすがジムニーって感じです。

e0142611_21095608.jpg

ほとんどFRで走ってました。さすがにきついでしょというところだけ四駆に。

昨日、駐車場で埋まったとは信じられない・・・自分のジムニー。

タイヤが悪すぎるんだな・・・

e0142611_21095112.jpg

こんな風に「トラセンサー」も付いていて、昨日はここでトラが見られたそうです。

エリアナンバーで色々と分かれています。

e0142611_21100250.jpg

この前のネパールのガイドだったサンタさん、ペリヤール動物保護区で一緒だったラメッシュさんも猛烈な観察眼でしたが、今日の人もやばい。

e0142611_21100735.jpg

こんなの発見してしまうんです、肉眼で・・・。

オスプレイだそうです。

e0142611_21101302.jpg

コサギかな?

e0142611_21101798.jpg


ウの仲間??


しまいにはこんな岩石でちょと満足したぐらいにして・・・

e0142611_21102408.jpg

サルもいましたが、これはアンベール城にもいたしな。

e0142611_21103123.jpg

ほら、その辺にもいるんだもん。

e0142611_21103710.jpg

ということで、午前の部終了。

早起きの人ではないのに、なんだかどっと疲れた感じです。


e0142611_21104254.jpg
一度ホテルに戻ります。朝ごはん食べてないしな。
で、野良豚がその辺にたくさんいます。
豚肉食べたいなぁ・・・。

人気ブログランキングへ

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!



[PR]
by wisdom96 | 2015-01-19 21:52 | 旅行記録 | Trackback | Comments(0)