ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

カテゴリ:空・雲・鳥( 324 )

本来メインなはずの場所に行ってみました。

e0142611_22103732.jpg


ほとんど人はいませんでした。
自分も建物の中には入りませんでしたが、止まっていた車は5台。

遊歩道を歩いている人は皆無でした。

e0142611_2212532.jpg


天気はあまり良くなかったのですが、逆にそれが良い効果を出したりします。
木漏れ日が丁度、葉にあたっていてなかなか良い雰囲気でした。

e0142611_22173346.jpg


こんな感じで足跡もほとんどありません。クロスカントリーの板のあとがありました。雪の表面が丁度良い感じにとけて堅くしまっています。これはなかなか楽しいかもしれませんね。

駐車場から結構離れたところに観察小屋があるのでいってみました。
ところが道が付いていませんでした。

でもその最先端部分にはこんな足跡が。

e0142611_22233891.jpg


キツネが左から右に・・・そしてネズミは手前側に・・・
これ、時間差はどのくらいあったのか、興味のあるところです。
お互い、全く迷いもなく交叉しているもので・・・

人気ブログランキングへ
クリック応援よろしくお願いいたします。
[PR]
by wisdom96 | 2008-03-02 22:24 | 空・雲・鳥 | Trackback | Comments(2)
感覚的には3月下旬という感じでしょうか。
今日の気温はこの時期にしては非常に高かったという印象があります。
先週末から今週のはじめに大量に降った雪は一気にとけたようです。
それでも大量のストックがありますので、すべて消えるわけではないのですが・・・

昨日の朝はこんな勢いで除雪をしていました。
隣の車の大きさから比較できると思いますが、こんな塊の雪を、通称「ママさんダンプ」と呼ばれている除雪用の器具で空き地に運びます。

e0142611_2252510.jpg


時間はかかるのですが、仕方がないという感じです。
ただ歩行のための道路をつけるのであれば、スコップでやればよいのですが、それなりの広さを除雪するにはこれでやる以外にないのです。
この作業をしながら充実感を感じることは一切ありません。
むしろ「なんでこんなところに住んでるんだ?」と思うこともあったりします(笑)

ただ、この雪のおかげで北海道では夏に「水が不足する」ということはほとんど起こりません。山に降った雪などがゆっくりとけてくれるからなのです。

さて、今日のこの暖気で、地面が出てきている場所も見つけました。

e0142611_22154833.jpg


ここはいつもの撮影スポットなのですが、同じように大量の雪が降ったのですが、線路脇の雪は特急列車の走行などで吹き飛ばされたりして少なくなっていたのかもしれませんが、れきが見えています。
こうやって出てくると、黒い部分が太陽の熱を吸収して、雪解けは非常に早く進みます。
同じ北海道でも、今日からゴルフ場に融雪剤を撒きはじめたところもあるようです。
日本も縦に長く季節が非常に多様ですが、北海道でもそんな地区があるかと思えば、流氷が流れ着いたというような場所もあるのです。
やっぱり広いのですよね・・・北海道は。

人気ブログランキングへ
クリック応援をよろしくお願いいたします!
[PR]
by wisdom96 | 2008-02-29 22:22 | 空・雲・鳥 | Trackback | Comments(0)
今朝、子どもらが登校途中に拾ってきてくれました。

授業の時には「@@ちゃんがアカゲラの死体を拾ってきてくれていますよ」という話でしたので、ちょっとアカゲラの話をしていました。

アカゲラの舌は非常におもしろく、とにかく長いのです。
それを後頭部をぐるっと回して格納しているのですから、いつかチャンスがあったら見てみたいと思っていたのです。

舌の先は鈎状のものが付いていて、木に空けた穴から舌をつっこんで、内部に潜んでいる幼虫を引っかけてとりだし、それを食べるのですね。

e0142611_14523796.jpg

こんな感じになっているのです。

さて、「お〜それは楽しみだ」といっていたのですが、出てきたのはこれです。

e0142611_1455751.jpg


「え??」全然違いました。普段よく見ているはずの子ども達なのですが、わからないのですね。
正体はベニヒワ。校舎の近くなどでは、毎年ガラスに衝突してしまう個体がいるのですが、これは広い畑の近くにポロンと落ちていたそうです。
死因は何なのかわかりませんが、綺麗な紅色の冠がおそらくアカゲラとイメージさせたのでしょうね。
「小さいから、子どもだと思うのですが・・・」といって持ってきてくれたのですが、鳥って雛と親鳥のちがいはサイズだけではありませんよね。
この辺の話もどこかでしなければいけないのでしょうね。
ちょっと驚かされましたが、貴重な標本になりそうでうれしいです。
ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2008-02-29 14:58 | 空・雲・鳥 | Trackback | Comments(5)
蜃気楼のようなものを撮影しました。



12/28の昼過ぎ、白老町の海岸から沖を見ると船舶が浮いたように見えました。光の屈折による現象ですよね。当日の気温はー5℃、晴れ、沖の海水温がどの程度だったのかはわかりませんが、急激な冷え込みと関係あるのかもしれませんね。この写真でもかなり揺らいでいるのがわかります。

人気ブログランキングへ
e0142611_2332322.jpg

[PR]
by wisdom96 | 2004-12-29 23:30 | 空・雲・鳥 | Trackback | Comments(0)