ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

カテゴリ:実験・観察( 113 )

隣のトレーラーを見て驚きました。

後のタイヤ3軸あるのですが、そのうち2軸が上がっているのです。
荷台は空。
荷重に合わせて接地させるタイヤの数をコントロールするのでしょうね?
e0142611_08363215.jpg
どういう条件でどれだけ車輪を下すのか、とか
どうやって車輪を下すのか、などと
気になることが増えていきます。

でも、このタイヤスタッドレスなのですが、夏用に替えるコストや
ここでの摩擦係数などは計算しているのでしょうかね?

合わせて相当気になる感じです。


ここから追記です。
で道路交通法の車両の押さえが出ています。
ここでは車軸の数は問題されていません。

車軸の数が問題になるのはどうも高速料金のようです。
で、車軸の数が出てきます。

こういうことで車軸数をコントロールできるようになっているのですね。
もちろん、重量のあるものを積んで車軸を減らすとまともに走らないでしょうが。

今日走っていると、隣をこんなコンテナを三つ積んだトレーラー。
前の2台は全て下ろして走っていましたが、なんと・・・

e0142611_22191249.jpg
え?忘れてる?
どういうことかもはやわかりません。

なんなのでしょうかね?

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!




[PR]
by wisdom96 | 2015-08-07 22:20 | 実験・観察
e0142611_10091544.jpg
インキュベーターがないので、発泡スチロールボックスにお湯を入れて
湯たんぽ状態にして保存していますが、あっという間に温度が下がり
朝学校に来ると確実に一桁になっています。

そんな関係でなかなか成長がよろしくないのですが、
まあそこは国菌であるニホンコウジカビ。

それなりに頑張ってくれているように思うのですがどうでしょうかね?

なかなか思ったように進まないのがこういう実験で、
まあそれはそれで楽しいということにします。

こんな実験、そして部活動というナイスなバレンタインデーですね。
外は雪なので、除雪も付いてくるという・・・とほほ

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!


[PR]
by wisdom96 | 2015-02-14 10:13 | 実験・観察
先日スタートしたカビの実験。
本日写真撮影などをしております。

アンケートでは、「カビは気持ち悪い」とか「汚い」なので、
面白いまとめにできそうです。

e0142611_10160589.jpg

双眼実体顕微鏡で見ると3日目、温度管理ほとんど無しでこんなモフモフに。

それを光学顕微鏡で見るとこんな感じ。
胞子が放出されそうな感じになってきていて楽しみです。
明日には一気にいってそうですかね・・・?

e0142611_10154483.jpg
なかなか面白そうです・・・

e0142611_10152101.jpg
ってことなのですが、まとめまでの時間がないですわ。
どうしましょ・・・

人気ブログランキングへ
↑クリックで応援よろしくお願いいたします!


[PR]
by wisdom96 | 2015-02-11 10:22 | 実験・観察
何人かの生徒たちと、あるイベントに参加しなくてはいけなくなったので
「カビの研究」を開始しました。

時期的に空気も乾燥しているし、気温も低いのでちょっと残念ですが
なんとか簡易インキュベーターもセットして帰って来ました。

e0142611_21252433.jpg
とりあえず手持ちのカビの胞子を撒いて来ました。
これどのくらいの日数でどんな展開になるのかがまず楽しみです。
そして、やはり人間との兼ね合いを見ていかなければ面白みがないので
とりあえず培地と「お米」に幾つかの種類のカビを繁殖させる予定です。

e0142611_21272777.jpg

ニホンコウジカビの認知が少し広がって欲しいなと思っているところです。
さて、明日はどうなっているのかちょっと楽しみ・・・
インキュベーター欲しいな・・・

人気ブログランキングへ
↑クリックで応援よろしくお願いいたします!

[PR]
by wisdom96 | 2015-02-09 21:29 | 実験・観察

中学校1年生ではじめて本格的に薬品を使って授業をするとき、いつも感じることがあります。

「塩酸」をとてつもなく過剰に恐れていて、少しでも体から離れた場所で、

つまりやたら腕を伸ばして作業しようとするので、逆に危ないなと思うのです。


その原因の一つは誤った知識なのだということに行き当たります。

いろいろ話を聞くと

「かかると肉が溶けて骨が見えるようになるよ」などと言われたらしく。

それはビビって当たり前。

でも、小学校でそんな薬品を使うと思うんでしょうかね?

骨格標本作る時とかに使いたいくらいです、そんな薬品があったら。


ということで、塩酸が「案外そうでもない話」などをして、

ずいぶん簡単に、ストローでブクブクやっている石灰水の方がずっと危険。

あの実験あまり気をつけないでやっていると思いますが、

目に入った時のリスクとかもっと考えるべきでしょうね。


今回、石灰石に塩酸で二酸化炭素が発生というのを見せただけで

歓声が上がったり、異様に恐ろしがっていてなんだか色々考えました。


しっかりこちらが学習しておかないといけないですね。


e0142611_10240691.jpg
これとか
e0142611_22125413.jpg
これとか
e0142611_21082019.jpg
こういう、大理石の建物が酸性雨にやられないようにしないとね。
そんなところにも行き着く話です
(無理やり感Max)

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!

[PR]
by wisdom96 | 2015-02-07 10:20 | 実験・観察
型紙を適当な形に切って、そこにセメントをまきます。
すると山の形になります。
これは札自研(札幌自然科学研究協議会)の春日さんに教えてもらった方法です。

霧吹きで水をかけると当然固まります。

アクリル絵の具で下地の白を塗って、白くスプレーします。

それを水に入れて何段階かに色分けします。
e0142611_00264156.jpg
この写真のものは、
白の次に赤を塗り、
水を追加して青を塗り、
さらに水を入れたところ。

色がなかったのでうまくいかないだろうと思ったのですが、やはり不鮮明。
白です。

それでも、こんな感じになります。

e0142611_00263281.jpg
等高線と斜面の感じはよくわかります。

真上から見るとこうなります。

e0142611_00360436.jpg

これが、きっとこの先簡単に3Dプリンタでできるようになるのでしょうね。

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!

[PR]
by wisdom96 | 2015-02-05 00:39 | 実験・観察
遊んでる話(本人的には遊びではないのですが)ばかりだと思われるのもアレなんで。
ちょっと実験の話を。
バナナのデンプンの話です。
バナナは、未熟な青いうちに収穫されます。
ミバエの仲間が一緒に国内に入ることを防ぐためです。
そして追熟されて国内で販売されるのです。

青い状態とシュガースポットが出た状態では味が違います。
好みは人それぞれでしょうが、甘みが増すのは完熟してからです。

青い時のデンプンがどんどん分解されて糖に変わるのです。
実際に顕微鏡で観察してみると、本当にデンプン量が少なくなってきているのがわかります。

こんなに大きなデンプン粒が
e0142611_07595375.jpg

こんなに小さくなってしまいます
e0142611_08005265.jpg

外部から何かを注入するわけではないので、原因は全て内部です。
実際に実験で確認することもできます。

そんなことを、記事にまとめておきました。

もう原稿として送ってあるので、あとは校正をする感じです。
バナナはなかなか面白いのです。
安いし美味しいのでいいですよね。

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!

[PR]
by wisdom96 | 2015-01-14 08:05 | 実験・観察
毛細管現象や表面張力をうまく使った実験で、
それに色を加えるとなかなか面白いことになります。

色がついた水を容器に入れます。
それも2色用意しました。

真ん中に空き容器を置いて、それぞれからティッシュペーパーを中央の容器に差し込みます。

e0142611_22334143.jpg

こんな感じです。

1時間放置した様子を、タイムラプスでご覧ください。
これ、実験の途中です。
本当は全ての液面が揃います。


一応、こうやって実験もやってます、笑


↑クリックで応援よろしくお願いいたします!

[PR]
by wisdom96 | 2015-01-07 22:57 | 実験・観察
有名なクリップモーターの実験
女子が作るのを手伝ってくれました
ちょっとおしゃれなデザインです

e0142611_23085750.jpg

こういうのってセンスなのかもしれませんね

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!

[PR]
by wisdom96 | 2014-11-07 23:09 | 実験・観察
もちろん、法律などがあるわけではないでしょうから、どんなスケールで作っても文句をいわれる筋合いはないよと言われるかもしれませんが、このスケールはどうして作ろうと思ったんだろう?

端子は65まであって、スケールが60までしか書かれていません。
レッドゾーンに5の分は担保されていますが、これは使いにくいよな・・・

こちらの確認不足もありましたが、この一台だけが現存・混在していて、生徒は怪訝そうな顔をしているので見てびっくり。

e0142611_00375982.jpg

今はなき会社ではありますが、ちょっと驚きました・・・

圧計は、3.5vとか測れたのかね・・・??

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!


[PR]
by wisdom96 | 2014-07-16 00:41 | 実験・観察