ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

<   2009年 01月 ( 46 )   > この月の画像一覧

普段、函館方面に行くときには駒ヶ岳がなかなか良い感じで見えているのですが、そこは1車線の国道で、しかも追い越し禁止ゾーンで、さらにバスやトラックなどが多い場所で、「お〜」とは思う物の、止めて撮影・・・とまでの決心がつかない場所です。
入ったことのある人ならわかるはずです。

しかし、この写真を撮ったときには、そんなの抜きで絶対に止まらなければというくらいの景色でした。

e0142611_22441572.jpg


途中も大変な豪雨でしたが、丁度駒ヶ岳にかかる前の雲から雨が降り、そこに日が当たって虹をつくり・・・でも虹の足は海まで降りていない・・・まさに絶妙なタイミングでした。

本当はもっと早く公表したかった写真なのですが、ちょっとした関連でそれができませんでしたので、遅くなりましたがこちらの方でも・・・

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2009-01-31 22:47 | 花・森・山
飛鳥に「蘇」という食品が売られています。
これは古代のチーズといわれています。
どうしても食べたかったのですが、今回ついに食べることができました。

温めた豆乳の表面に張った膜をすくい取った物が湯葉ですが、牛乳の表面に張った膜を集めた物がこの「蘇」です。

e0142611_829393.jpg


8世紀には作られていたようです。それがまだ作られていて、それを食べられるのですから、ちょっと感動物でした。
チーズということになっていますが、食べた感じではまるで今流行の「生キャラメル」の甘みなしのもの。

箱を開けた時の雰囲気もそんな感じです。

e0142611_8303474.jpg


昔は本当に超高級食品だったのでしょうね。
この店には、ヨーグルトの「酪」も売られていましたが、おそらくその辺の物と変わらないだろうと呑みませんでした。

本当は「蘇」をさらに熟成させた「醍醐」というのを食べてみたいのですがね・・・いずれにしても、この文化の伝承が凄いなと感動的です。

ちなみにこれらのタンパク質の膜がはる現象はラムスデン現象と呼ばれています。

人気ブログランキングへ
今日も一日応援をよろしくお願いいたします!
[PR]
by wisdom96 | 2009-01-31 08:38 | 食・呑・飲
シシャモの解剖をして、すぐに気がついたことがありました。
一般の人たちが目にする雑誌にこのことを書くのが妥当かどうかは悩ましいのですが、これもまた事実でしょうし、知らないで食べているのもな〜と思いチラッと書きました(笑)

シシャモの肝臓の部分にもありましたが、一般的に食べているカラフトシシャモの卵巣部分にもはっきりとわかる状態でついています。

e0142611_20394160.jpg


この個体には4匹は入っていました。
アニサキスの仲間です。普通の人は、この耳石だって何も気にせず食べて、シャリシャリとした異質な食感に、一瞬だけ「ん???」と思うのですが、何度かシャリシャリと噛んでいるうちにあまり感じなくなって飲み込んでしまいそれでおしまいです。または、すでに酔っ払っていて、その食感にすら感性がはたらかない状態なのかもしれませんから・・・

そこに持ってきて、わざわざ腹腔を爪楊枝なんかで開いて、おいしい卵巣の表面についている、このアニサキスを爪楊枝の先でピックアップして「あ〜いたいた」などというと、「やめろこのボケ」といわれかねないのです(笑)
それでも気になる人は気になって・・・多分このエントリーにも「今度見てみます」というコメントの一つくらいつく勢いで、次にやってみたい人も出てきたりしそうなのです・・・

せっかくなのでちょっと染色して標本にしておきました。

e0142611_20471763.jpg


お〜こうやってみるとなかなか立派です。すごい大きさ。これを知らずに随分食べたな・・・もちろんこれは食べませんでしたが、同時に購入した残りの11匹・・・サービスパックで2匹増量中だったから・・・に、同じように入っていたとしたら、およそ50匹くらいのこれを食べちゃったんだな〜なんて思ってしまいます。

e0142611_20492035.jpg


で、当然顕微鏡で覗くことになります。内部はもっともっとおもしろい構造になっていて見えるのですが、写真がうまく撮れていませんでした。

さあ、今度シシャモを食べるときはどうしますか?

人気ブログランキングへ
今日は超集中して仕事をしました・・・疲れたな。応援クリックよろしく!

鯛という名のマンボウ アナゴという名のウミヘビ 食品偽装の最前線――魚・肉・野菜・米 (晋遊舎ブラック新書 3)
この本には何とかいているのでしょう・・・気になる・・・

#このエントリー「グルメ」にTBしたら叱られそう・・・
[PR]
by wisdom96 | 2009-01-30 20:53 | 食・呑・飲
日本固有種のキュウリウオ科の魚類「シシャモ」。
これは北海道の太平洋側に生息していて、その数も少ないことから、積極的に養殖されるようになりました。

それをカントリーサインに追加しているまちが、「シシャモ」で有名なむかわ町。
もともと鵡川町だったのですが、市町村合併で穂別町と合併したのでむかわ町に。
カントリーサインも、穂別町の首長竜と鵡川町のタンポポとシシャモが合体。
こんな感じになりました。

e0142611_062120.jpg


なんだか微妙なデザインになってしまいましたね。
そして、シシャモの特徴である脂ビレが書かれていないのが残念です。

そして「偽物」といわれて、正式名を名乗れと言われているのが「カラフトシシャモ」という「カペリン」です。

日本に輸入したから偽物扱いされていますが、別にそんな引け目を感じるような魚ではありません。元においしいし(笑)

これは北太平洋、大西洋に生息していますが、アイスランドのコインには、この「偽物扱いされている」カラフトシシャモが4匹も描かれているのです。

なにも偽物といわなくてもよいのですよね・・・別な種類ですでいいのです。

e0142611_0104299.jpg


人気ブログランキングへ

今日もワンクリックで応援よろしくお願いいたしいます!
[PR]
by wisdom96 | 2009-01-30 00:12 | 食・呑・飲
ちょっとある記事を書かなければいけないので、シシャモの解剖をしました。なかなかおもしろかったのですが、やはりはまるのは「耳石」とりです。

e0142611_1203656.jpg


魚の頭を分解して内部を見てみると、脳が格納されている場所がわかります。
この部分を丁寧に爪楊枝などで分解していくと、中には当然脳があります。
そしてその横に耳石が格納されているのです。

取りだしたものが写真の右側。非常に小さいのですが、この魚体の大きさから行くとまあ、「普通」というところでしょうか?

大きな体のサケでも、実際にはこのくらいのサイズしかありません。
この耳石を顕微鏡で観察してみると、このように見えます。
年輪のような模様は成長のあとです。まさに年輪のように記録されるのです。
実際にこの縞模様を解析して成長の度合いなどを調査しています。

e0142611_127717.jpg


この耳石コレクションはかなりはまります。

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2009-01-29 12:07 | 実験・観察
日本最古の神社です。

4月におこなわれる、賀茂曲水宴が有名です。
その会場がちょうどこの小川。

川に盃を流し、歌人が流れてくるまでに和歌を詠むという時間が止まったかのような伝統行事。

e0142611_1464283.jpg


ここについたときにはみぞれのような雪でした。
しかし、それが絶妙な美しさを醸し出してくれていたようにも思います。

実際に見てみたいなとは思いました・・・やってみたいとは思いませんでしたしできませんが・・・

この神社、本名は賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)です。
この立砂が印象的です。作るのは大変そうですね・・・

e0142611_1592666.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2009-01-29 01:58 | 旅行記録
朝の風景の続きです。小さな小さな川を渡ります。
その川にも、豊かな生態系が展開されています。
ホタルでさえいるくらいなのですから・・・

この季節はどうなっているのでしょうか?

e0142611_14405175.jpg


やはり両サイドから氷が広がっている様子がわかります。
そして、川岸から雪の上を歩いて降りた足跡も見えました。人です(笑)
滑って落ちたようなあともありますから、ひょっとしたら子どもでしょうか?
まあ、そのまま落ちて流されるような川ではないから良いのですが、滑って水が入ってしまって冷たい思いをするのは、良い経験なのかもしれませんね。

手前を拡大して写してみるとこんな感じです。

e0142611_14455989.jpg


何ともいえない不思議な形や模様がつくりだされています。
すごいですよね・・・

今日は随分温かくなっていますので、この模様は明朝また変化しているのではないでしょうか・・・

人気ブログランキングへ
一日ワンクリックで応援よろしくお願いいたします〜!
[PR]
by wisdom96 | 2009-01-28 14:46 | 季節の風景
今朝、早めに家を出てちょっと回り道してみました。
冷え込んでいたので、木々も真っ白。そこに強いオレンジ色の光が当たり、日陰では雪からの青っぽい反射光が・・・

e0142611_11345512.jpg


なかなか美しい景色でした。
太陽の高度が上がって、オレンジ色の度合いが弱まってくるとどうなっていくのでしょうかね?そんなことを見ている時間があればよいのですがね・・・

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2009-01-28 11:39 | 季節の風景
通勤経路を変えると、サラブレッドがいる牧場の前を通ることができます。
たまに時間に余裕があるときには、川の前を通過したりして、ほんの数分間ですが楽しんでいます。

そこに行く前には美々川といういつも綺麗な川を通過します。それもまた楽しみの一つ。ですから、ここをまわっていくと、最低でも20分は余計にかかってしまうのです。

e0142611_23493667.jpg


大変寒い朝でしたが、こんなに美しい朝でもあります。
見とれてしまうのです・・・

しばらく行って牧場はこんな感じ。
薄いオレンジ色の朝日に包まれたイメージです。

e0142611_2351432.jpg


この時間だと、飛行機の音もなく、キリッと冷えた空気の中には、時々サラブレッドたちの声が響くくらいです。

よし、今日も頑張るかッて気がしてくるのです。

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2009-01-27 23:52 | 季節の風景
RikaTan(理科の探検)の委員会を千歳でやるという事になり、本州からたくさんの客人が来ておりました。その関係で更新もできずじまいでした。

さて、この時期北海道に来るのですから、当然雪遊びを楽しみにしているのですが、金曜日にはまさかの雨。その夜にみなさんはいったわけですが「意外と温かい」という感想です。

そりゃそうです。4月の気温というのですから。
しかし翌日は大変な冷え込み。融け残った雪の表面は氷に。
土曜日の最高気温はー5℃。全く雪がとけません。猛烈に滑ります。

それでも子ども達は元気いっぱいでした。不思議と大人も元気いっぱい。

学校の保護者有志がみんなのために炊き出しをしてくれたりでみなさんには北海道を満喫していただけたのではないかと思います。

さらに、その夜には雪。朝にはフカフカの新雪が20cm程。また違った楽しみができました。雪まみれになって遊んでくれてきっと満足してくれたのではないかと思います


地元の体験ファーム、居酒屋さんにも随分よくしてもらいました。

みなさんに感謝です。もちろんこうやってわざわざ来てくださった方達にも感謝ですね。

あまりにも楽しくて、写真はほとんど撮りませんでしたが、こうやって乳搾りも体験していましたよ。

e0142611_22341092.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2009-01-26 22:34 | 季節の風景