ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

<   2009年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

動物学者の今泉忠明さんに、虎耳状斑の事を質問しました。
すると、ものの数十分で一覧表が送られて来ました。

e0142611_1162177.jpg

今、大量の写真から数十枚選び出す作業が入ったので、ここにもっとも適切な写真を選択してみました。こんなはっきり写っていたのがありました(笑)

凄すぎます。画像やもっと細かいデータもつけていただいたのですが、それは抜きにして、虎耳状班の部分だけ・・・

虎耳状斑の有無とその様子
■“百獣の王”─ライオン:虎耳状斑は先端が白色
■密林の王者─トラ:虎耳状斑は中央に白丸
■草原からジャングルまでが生活圏─ヒョウ:虎耳状斑は先端黒、白帯、基部から半分まで白色
■新大陸最大のネコ科動物─ジャガー:先半分が黒で、その中に白丸
■中央アジアの高山の主─ユキヒョウ:ヒョウと同様で白帯
■サバンナの超特急─チーター:先端が白色
■雲形模様の雲豹─ウンピョウ:トラと同様に背面真っ黒で中央に白丸
■生きている化石─イリオモテヤマネコ:虎耳状斑はヒョウ型で白帯
■古い時代に繁栄した種─ベンガルヤマネコ:虎耳状斑は白帯で大きい
■魚獲りの名手? ─スナドリネコ:虎耳状斑はトラ型だが三日月型
■赤サビ色の斑点─サビイロネコ:先端黒、基部赤色っぽく、中央に白い虎耳状斑
■額が平たい奇妙なネコ─マレーヤマネコ:背面は黒くなく虎耳状斑あまり目立たないがある
■大理石模様のネコ─マーブルド キャット:ベンガルヤマネコ型で明瞭
■1枚の写真すらない─ボルネオヤマネコ:背面は黒で虎耳状斑はない
■金色に輝くネコ─アジア ゴールデン キャット:中央に淡色のかすかな虎耳状斑
■さまざまな体色─アフリカ ゴールデン キャット:中央に淡色のかすかな虎耳状斑
■唯一の長毛種─マヌルネコ:虎耳状斑はない
■イエネコによく似る─ヨーロッパ ヤマネコ:背面は体と同色で虎耳状斑はない
■やぶ地の主─ジャングル キャット:背面は赤みがあり、かすかに虎耳状斑がある
■乾燥地帯の稀少なヤマネコ─ハイイロネコ:体と同色で虎耳状斑はない
■砂漠生のヤマネコ─スナネコ:先端にいくにつれて黒く、虎耳状斑はない
■最小のヤマネコ─クロアシネコ:背面は淡色で虎耳状斑はない
■脚の長い草原生活者─サーバル:明瞭にある
■乾燥地のオオヤマネコ─カラカル:背面は黒く、銀色の虎耳状斑ぽくある
■絶滅寸前の希少種─スペイン オオヤマネコ:基部が大きく白く、先端にいくにつれて黒。虎耳状斑あり。
■暗闇でもよく見える者─ユーラシア オオヤマネコ:基部が大きく白く、先端にいくにつれて黒。虎耳状斑を形成しないといえる。
■雪靴をはいたネコ─カナダ オオヤマネコ:基部が大きく白く、先端にいくにつれて黒。虎耳状斑を形成しないといえる。
■赤味の強いオオヤマネコ─ボブ キャット:ベンガルヤマネコ型で、大きな三日月型
■最大のヤマネコ─ピューマ:背面は灰色がかった暗褐色で、虎耳状斑はない
■南米の小形のトラ─オセロット:背面は黒く大きな虎耳状斑がある
■斑紋が美しい小形のヤマネコ─タイガー キャット:虎耳状斑はベンガルヤマネコ型
■樹上棲の小形ヤマネコ─マーゲイ:虎耳状斑はトラ型
■高山生のヤマネコ─アンデスネコ:背面は暗灰色で虎耳状斑はない
■イリオモテヤマネコに似る─コドコド:背面に虎耳状斑がある
■カワウソネコ─ジャガランディ:先端が暗色で虎耳状斑はない
■南米の“漁をするネコ”─ジェフロイネコ:ベンガルヤマネコ型の虎耳状斑がある
■草原生のヤマネコ─パンパス キャット:背面は黒く、ぼんやりした虎耳状斑がある

見てみたい物がいくらでもありますねぇ・・・

紋さん、これで参考になりますよね?

人気ブログランキングへ
では、今日も応援よろしくお願いいたします。
[PR]
by wisdom96 | 2009-06-30 01:18 | 動物・昆虫 | Trackback | Comments(5)
最近、道路沿いなどにヒナゲシの花がユラユラとその薄い花弁を揺らしています。

e0142611_2146223.jpg


この、ヒナゲシ、まあ、車窓からでいいかな〜と撮影しておいたのですが、やはり納得いかず帰りにちょっと車から降りて撮影してきました。

この花も、内部の構造がなかなかおもしろい形なのです。この雄しべの数。
そして真ん中の花柱の部分も特徴的ですね。

e0142611_21483347.jpg


蕾はこんな感じです。少し細かな毛が多いような気もしますが、これが開いてなかなか可愛い花弁が出てくると思えばワクワクします。そしていつかインターバル撮影してみたいなと思うのです。

e0142611_2149158.jpg


周りを見てみると、色々な色の花弁があるのですが、八重咲きの物もあるのですね。知りませんでした。これも品種改良なのかな〜などと思いました。良く花紙などで作る花に何だかそっくりです。

e0142611_2147740.jpg


そして、こんな花につられて、やはりお客さんが来ていました。ヒラタアブの仲間ですね。よく見ていると、柱頭の部分をさかんに舐めていました。
ここに何かあるのかな〜と思いました。
e0142611_21474742.jpg


人気ブログランキングへ
今日もワンクリックで応援よろしくお願いいたします!
[PR]
by wisdom96 | 2009-06-28 21:51 | 花・森・山 | Trackback | Comments(0)
昨日、今日は大変高温になっています。
北海道人にとっては苦手な暑さです。
そんな中、今日は朝から先ほどまで体育館で練習試合。
猛烈に暑かったです・・・

昨日、撮影した80枚ほどの写真を見ていましたが、季節がすっかり夏だなぁと実感させられます。

まずはまたもやセイヨウオオマルハナバチです。
大きな羽音をさせて、飛び回っていました。

e0142611_1582935.jpg


オオマルハナバチを見かける機会が随分減ってしまいました。
もはやこちらの種類がデフォルトといった感じです。

進入してしまった野生動物はもうどうしようもないのですね。
そんな人間の無力さと浅はかさを実感させられる良い例です。

そして昨日の気温は、アスファルトを強烈に温めていました。
空気が揺らいで見えます。
500mmなので、ずっと向こうの1kmも離れていそうなトラクターを撮影してみるとこんな感じで面白かったです。

e0142611_15114447.jpg


なんともいえない雰囲気でした。
一生懸命働いているな〜という気持ちになります。
野菜の価格って、こう考えると安すぎかもしれませんよね・・・

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2009-06-28 15:13 | 季節の風景 | Trackback | Comments(0)
今日は用事があって前任校付近にお邪魔してきました。

気持ちの良い道路を走っていて、何か小さな物が道路に転がっているように見えました。

危なく轢きそうなかんじです。今まで良く何ともなかったなと思います。

ちょうど車輪じゃない場所ですり抜けました。鳥のようですが、逃げた様子もありません。
死んでいたようにも思えなかったので、バックで途中まで戻りました。

すると、子スズメでした

e0142611_23151992.jpg


ちょうど500mmのレンズがついていたので、かなり離れたところから写してみました。
もちろん手持ちです(笑)

どうやら巣から落ちてしまったようです。かわいそうに、大声を張り上げて親を呼んでいます。

e0142611_23165968.jpg


おかあさ〜ん!

e0142611_23175323.jpg


おかあさ〜ん!

e0142611_23184263.jpg


おかあさ〜ん!

こういうのを小さい子たちが見たらどうしても「自分の手で助けてあげたいな」ッてことになるのでしょうが、無理です。

どうも近くに親スズメがいるようすでもありません。
そしてアスファルトは暑く、カラスやキツネもいるような場所なので、近くの小枝に止まらせてきました。

上手く巣立って欲しいですが、現実は厳しいのかもしれないなぁと思いました。

かわいいのですがね・・・

人気ブログランキングへ
今日もクリックよろしくお願いいたします!
[PR]
by wisdom96 | 2009-06-27 23:21 | 空・雲・鳥 | Trackback | Comments(3)
たくさんの雄しべにはたくさんの花粉が・・・

e0142611_2393135.jpg


色合いが何とも凄いのですが、ピンク色の花弁に花粉がパラパラとこぼれています。

よく見ると、本当に葯の形が不思議です。
こんな近くで見ることがあまりない花でしょうが、本当に美しいですね。

開きすぎると何だかな〜と思ってしまいますが・・・

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2009-06-26 23:12 | 花・森・山 | Trackback | Comments(0)
キングジムといえば、ラベル作成などで機器を利用している人が多いのではないかと思います。

そこから出されているデジタルデバイスでpomeraというものがあります。

e0142611_9122378.jpg


今の時代に、モノクロ液晶バックライト無し。
そして通信機能も無し。
ところがこれがまた最高のデバイスなのです。

折りたたみ式キーボードで、コンパクトにまとまります。
今はおしゃれに色々な色が出されているようですが、おすすめは白。

この筐体がまるでホワイトボードなのです。

e0142611_914502.jpg


自分は、いつも合わせて持ち歩いているデジカメ、ホワイトボードペン、エネループで非常に助かっています。こんな風にボードに書き込んでデジカメで写真でOK。
ケースは専用の物が売られていますが、100円ショップで買ったCDケース。
これがぴったりです。

その中にすべて収納できるのです。
MicroSDに保管できますから、そのリーダーも入れてあります。

なぜならMacとデフォルトでは接続できないからです。
つながる例もあるようですが、自分は結局ケーブルでやりとりするのではなく、カードリーダーにしています。
結局ケーブルでつなぐのであれば同じなのです。

このデバイスは非常に便利だな〜と実感しています。
通信機能・・・これは結局仕事の時の邪魔かもしれません。

人気ブログランキングへ

KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM10シロ パールホワイト
コストパフォーマンスは高いと思いますよ・・・ぜひおためしあれ・・・
[PR]
by wisdom96 | 2009-06-26 09:23 | 教材・教具 | Trackback | Comments(2)
湯ノ川の公園に、ある目標物があるので行ってきました。
前回いったときには、散々蚊に献血してきましたが、なんと残念なことに今回もこんな時期であるにもかかわらず随分献血することになってしまいました。がっかりです・・・

公園に行ってすぐに目についたのが、この綺麗なコケです。
名前も知らないし、こんな物を見ている人もいないのですが何ともうつくしい広がりを見せています。

e0142611_2312970.jpg


こんな風にコケに目をやるようになったのは、間違いなく画栞堂さんの所のコケの画像があまりにも美しいからです。

で、このコケの絨毯の中にも、去年の落ち葉が見えています。
ケヤキのようです。

横を見てみると、つい何日か前に落ちたのではないかと思われる葉が落ちていました。
ところが明らかにおかしな葉です。

e0142611_23191859.jpg


これだけ多くのゴール(虫コブ)があるというのは悲惨です。
上を見てみれば、こんな感じで随分多くの葉がすでにゴールを持っている感じです。

e0142611_23205050.jpg


左のものは何らかの理由で、ゴールの部分が削り取られてしまっているようです。
こうなると気になるのは当然内部の様子です。

気持ちが悪いという人もいるでしょうから、次のをクリックで写真がでてきます。

内部はこちらからどうぞ・・・
[PR]
by wisdom96 | 2009-06-24 23:29 | 花・森・山 | Trackback | Comments(2)
何となく走っていた道路の脇に子馬がいました。
毛もなんだかちじれっ毛でかわいらしい感じでした。

e0142611_23295975.jpg


でも、この色調、この縮れ方をみると、どうしても神田日勝のあの絶筆を思い出してしまうのです。

神田日勝記念館のサイトはこちらです。彼の絵は何ともいえない力があって、見ていると本当に生きているのではないかと思わされるほどのすごさなのです。

ここにいってみると、やっぱり「道具じゃないよ、腕なんだよ」と思ってしまいます。
腕やセンスってやはり重要で、もちろん機材や道具が豊富だともっと良いのかもしれませんが、剃ればかりに頼るのは良くないよな〜と、彼の左官ごてやベニア板に描かれた作品を見ると思わされます。

しばらくすると、近くにいた親?なのかどうかわかりませんが、大きな大人のウマが来て、電柱に身体をこすりつけています。
痒いのかな〜と思います。そして、このウマの脚の付け根部分には、手術したようなきずも残されていました。
いろんな歴史があるのでしょうね。農耕馬なのかもしれませんし、愛玩用に飼育されているのかもしれませんが、初夏の陽気で随分気持ちが良さそうでした。電柱のまわりの草がなくなっている様子を見ると、どうやら本当にこの電柱が好きなのでしょうねぇ。

e0142611_2340514.jpg


実は、このウマたちに気がついたのはこんな光景があったからなのです・・・続きは次をクリックしてみてください。なかなか笑えます。

可愛い画像はこちらです!
[PR]
by wisdom96 | 2009-06-23 23:43 | 動物・昆虫 | Trackback | Comments(2)
大学の前庭には池があるのですが、今回なぜか見に行くのを忘れました。
荷物が大きかったというのは理由にならないな・・・
風が強かったのは理由になるかもしれません。

駐車場から車を出してロータリーを移動中に見られたのがこのカワラバト。
普通はドバトと呼んでいますが種としては同じです。

これがなかなか厄介者で、とにかく図々しい奴らなのですね。
まあ、カラスの方が数段図々しいわけですが、ドバトの害は深刻です。

e0142611_1535528.jpg


糞害は病原菌の巣にもなりますし、なんといっても不快です。公園などにいるハトの数を見ていると、これで下を歩いている人間にそれほど糞がかからないのが奇跡ではないかと思わされるほどです。

彼らは、飛ぶために常に身体を軽量化する必要があるわけですから、体内に排泄物を蓄えるような事はしません。
ですからいつハトの糞爆弾をくらうかわからないわけです。
冷静に考えるとかなり恐ろしい話ですね。

このクビの光沢などを美しいかも・・・と思わされはしますが、糞爆弾をイメージすると、餌をやるのはやめてくださいね・・・といいたくなります。

まあ、本来はカワラバトという名前のように、河原で生活し岸壁などの割れ目に営巣していたものが、都市環境に順応してそれに似たビルの絶妙な隙間などに営巣をはじめた物です。
彼らの本能の世界なので、結局どうすることもできないというのが正直なところなのでしょうね。

レースで使われることからもわかるように、磁気に対しては非常に優秀なセンサを持っているようで、それを利用して「ハトよけの磁石」などが売られているのですが、その効果の程はいかがなのでしょうか?

そういう目的であの大型リング磁石を購入したことはないので、ちょっとわからないな・・・。

人気ブログランキングへ
今日もよろしくお願いいたします。
[PR]
by wisdom96 | 2009-06-23 15:13 | 空・雲・鳥 | Trackback | Comments(5)
北海道に梅雨はないといいますが、本当にそうだろうか?と思う日にちが年々多くなっているように感じます。

そんな天気でしたが、試験前で部活動もないということで、4月に連絡をいただいていてずっといけずにいた母校へお邪魔してきました。
諸般の事情から出てきた骨格標本をいただけることになっていたのです。

久しぶりの大学ですが、今のご時世を反映して、教員免許更新講習を展開していました。
大学の教員も絶対に加重負担です。もちろん教員にもです。

そのせいなのか、学生達の姿は本当にまばら。どうしてしまったのだろうという雰囲気でした。
懐かしい校舎を歩いて自分らの部屋のあった棟に進みます。

担当していただいた先生の懐かしい文字も見つかりました。

昔は暗室で写真を印刷したよな〜と懐かしくなるような指示でした。
デジタルデータでの提出とか、サイズを小さくするようにというような細かい指示も出ていました。

そして階段を上って研究室へ。
本当に学生達はいません。なんだか妙な感じでしたが、研究室には「在室」の表示。
ノックして入ると、全然変わっていない先生が。
アレ?どうしてだ?こっちはすっかり老け込んでいるのに・・・(笑)

新しい施設を見せていただいたり、もちろん標本をいただいたりでした。
そして、カメラの話題になりました。
学生用のカメラも準備しているそうです。しかも自腹で・・・

なかなか使いやすそうなカメラでした。こういう話しを聞くと、やっぱりまた頑張らなきゃなと思うのと、頑張れ若者!早く気がつけよ、学生生活を充実させなきゃ後悔するぞッてことに・・・と思います。

後にも行事を控えているということでしたから、失礼しました。
で、駐車場で見たのがこの花。
キバノコデマリです。

どう考えても学生時代にあったのでしょうが全然気にしていなかったよな〜と、今の学生達のことはもちろん全くいえない自分の事を思い返すのでした・・・(笑)

e0142611_1210100.jpg


小さな花が集まって、球状の綺麗なボールを作っています。
そしてこれもバラ科。ナナカマドとかの花に似ていますね。
どうしてこんな形になってきたのだろう?何かメリットはあるのだろうか?と気になります。

植物の授業をすると、「花は何のために咲く?」という質問に「人の心を和ませるため」という答えが出るのはあながち外れていないよな・・・と思わされます。

e0142611_145376.jpg


天気が悪く、風も強かったですが、粘って撮影してみいました。

たくさん集まって咲いているのですが、雄しべや雌しべの状態、花粉の状態はみんな違っていて個性的。そんなことにも気づかせてくれますねぇ。

こういう身近なところで、そして学生のうちから気合いで撮影していけばもの凄く腕を上げられるのだろうな・・・と思うのですがどうでしょうかねぇ。

人気ブログランキングへ
本日もよろしく!ワンクリックです!
[PR]
by wisdom96 | 2009-06-23 01:07 | 花・森・山 | Trackback | Comments(0)