ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

<   2010年 02月 ( 46 )   > この月の画像一覧

先月のWisdom96例会では、フクロウのペリットを分解してみるという実習を黙々と夜中までやってしまいました。大変興味深い内容です。
そんな縁なのかは別として、今日行った千歳の家で、「エゾフクロウ」を見ることができました。
野生のものをこうやって昼に見たのは初めてです。
カラスに追い回されて、その辺の木を飛び回っていたようですが、それほど長い間飛ぶことはなく、無事に発見することができました。春に小学生になる子が一生懸命探してくれていて嬉しかったです。
一緒に見て歩きました。小学校では色々なことに興味を持って頑張って欲しいなと思いました。

で、このエゾフクロウ、夜までこの木にとまっているのだとしたら、きっとペリットをはき出すのだろうなと思います。そうなるとその敷地内を探すときっと色々発見できるのでしょう。今は一面雪ですから。大変探しやすいです。
往復100kmが邪魔をするな・・・。もっと近いときに色々挑戦しておくんだった・・・というのはいつもの反省で、じゃあ今は全力なのかと問われるとまた微妙だったりするわけで・・・

e0142611_14384157.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2010-02-28 14:38 | 空・雲・鳥
解剖実習用の子ブタをもらいに千歳まで入ってきました。
#ところが、昨日からどう考えても風邪。ヤバイです・・・

回収し、早々に撤退しましたが、途中でもうあまり撮影できなくなりそうなものが。
路肩に車を止め、マクロレンズで(笑)撮影しておきました。
自分はJAL派なので悲しい現実ですが、史上最大の赤字を出したらしいです。

どちらにしてもこの747は撤退です。
それまでに一度は乗っておこうと思います。
燃費が悪いに決まっていますよね。エンジン4発ですから。

こちらにたくさん写真が出ています。下からじゃない奴(笑)

e0142611_12284998.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2010-02-28 12:29 | 飛行機・船・列車
Chennnaiを発ち、Mumbaiに戻る日です。
国内線のターミナルは微妙な感じでした。ベンチに座った途端、がたんといって傾きます。下のクッション部分が外れていて、段差が10cm位あるのです。

自分は日本人の中では重たい方ですが、その隣に来た親子連れが座ったとき、面白いことが起こりました。まあ親子連れと言ってもおじいさんと自分くらいの年齢の女性なのですが、順番が自分(椅子は現在一番下がった状態)、おじいさん、その孫らしき女性。
すると、シーソーのように、そちらに傾くのです(笑)
自分はビックリしたのですが、おじいさんはニヤニヤ状態。
そして、彼女が何かを買いに行った途端、またガタンと音を立てて自分のほうに傾きました。
外国人が良くやる、肩をすぼめ、こりゃ参ったわ的なゼスチャーのあと笑っていました。
こちらも笑うしかありません。
 
そんなこんなで空港ビルで1時間ほど。
e0142611_9562381.jpg

こうやって、キングフィッシャーの飛行機を撮りに席を立っても、お孫さんのほうは当然下がったままです(笑)

自分たちは、JetAirwaysで戻りました。狭く機内サービスは200mLの水のみという機内でした。

e0142611_9571049.jpg


人気ブログランキングへ
タラップ設備はナシ。みんな歩きです。
[PR]
by wisdom96 | 2010-02-27 09:58 | 旅行記録
一発の爆弾型の大きめの容器に、たくさんの子弾を含んでいる爆弾で、武器としては強烈、人道的には最悪の部類にはいる爆弾ですね。
残留した不発弾などが、まるで地雷のような効果を生み出すことから、2008年に様々な制約を加えたようです。全面的に禁止しないのは不思議な気がしますが。そして日本が持っていることもまた不思議でなりません。
詳しくはWikipediaでどうぞ。

で、このクラスター爆弾をインドで見ることになるとは思いませんでした。
ChennaiにあるFort St.Georgeの博物館に行ったとき発見したのです。
この城塞は、有名な東インド会社が建てた商館を守るために1643年に建築を始めたところのようです。

現在も政府機関がたくさん入っている地区にあるため、かなりガードがきつく、パスポートも要求されました。当日は要人が来るらしく、さらなるガードと入場制限で、博物館しか見ることができませんでした。ちょっと残念。

そして見たのがこれです。
e0142611_834333.jpg

当時からクラスター爆弾はあったのですね。子弾一個が砲丸投げの玉くらいありました。この効果は絶大だろうと思います。
このような殺人兵器をつくりだし、そしてそれを撃ち出す大砲などにはこんな綺麗な装飾を施すというバランス感覚は本当に不思議です。
e0142611_8335255.jpg

昔の武器類を見ると確かに美しいのですよね・・・なんなのだろう。

こんなのもありましたよ・・・
e0142611_8331665.jpg

そしてこの城塞の形は注目です。

GoogleMapでご覧下さい。

北海道にもありますよね。

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2010-02-27 08:39 | 旅行記録
浅虫の水族館に2種類のイカが泳いでいました。

ヤリイカ科の仲間であるアオリイカ。透明な感じで美しいです。これは福岡の居酒屋で食べたな〜。
コウイカに似ているのですが、中の甲は軟甲です。この甲、英語ではPenと言います。
結構活発に動いてはいましたが、撮影は可能でした。散々写した後に「ストロボ撮影はご遠慮下さい」と書いてありました。ごめんなさい・・・。
釣りの対象にもなるようですね。なかなか面白そうです。
e0142611_22411458.jpg


もう一種類はコブシメ。コウイカの仲間です。
これは昔チョコエッグに良く入ってたな。食玩の走りですよね。大人買いをしていました。懐かしいです。
随分大きくなるイカのようです。食べたことはないのですがどんな感じなのでしょうか?
これが普通に手にはいるのでしたら是非解剖してみたいものの一つです。
甲がどのように入っているのかをしっかり見てみたいです。
e0142611_22405443.jpg


イカってやっぱり不思議な生き物ですね・・・
人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2010-02-26 22:42 | 動物・昆虫
刺身でヒラメやカレイの「エンガワ」というのがあります。
これは、鰭の周辺に付いている筋肉で、立鰭筋と言われる筋肉です。
ヒラメやカレイの仲間は、海底で生活していて、浮き袋を持ちません。
浮力の調整ができませんから、身体を一生懸命動かすしかないのです。
「いったんもめん」のように身体をヒラヒラとくねらせるだけではなく、身体の周辺に付いている鰭を有効に活用しています。
そして、この写真をみても解るように、まるで足のように思いっきり活用し、まるで立ち上がるかのような動きもするのです。
これだけ活発に動かすことと、周辺部をとりまくように広範囲に付いているから、「エンガワ」として売られるのですね。
あのコリコリとした食感と、脂ののった感じはたまりませんよね・・・

e0142611_15571086.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2010-02-26 15:57 | 動物・昆虫
インドには本当に野良ウシがいるんですか?って生徒に聞かれます。

そして説明してもなかなか理解してもらえません。
こんなガソリンスタンドの写真があれば少しは理解してもらえるかな。
IndianOil・・・Check&Fillで満腹のウシなのかもしれませんね。

e0142611_22423268.jpg


人気ブログランキングへ

ガソリンは日本と同じ程度の価格設定でした。
ということはやはり車は贅沢なのでしょうね。
[PR]
by wisdom96 | 2010-02-25 22:43 | 旅行記録
その名前を聞いても、おそらくピンと来る人は少ないでしょう。でも「ウーパールーパー」だと俄然認知度が上がります。
そんな生物が、このメキシコサラマンダーです。
有尾両生類ですが、生涯水中生活者。幼形成熟と言われるように、幼生の形を残したまま成熟していきます。
エラは左右に3本づつ。何とも不思議な生物です。

名前の通り原産はメキシコですね。今は飼育種のみの流通。もらったのが孵化して泳ぎはじめています。基本は単独飼育なので、どうしよう・・・

e0142611_20493686.jpg


人気ブログランキングへ
カメラぶっ壊れました。ガックリ。
[PR]
by wisdom96 | 2010-02-25 20:50 | 動物・昆虫
世界遺産の海岸寺院へ移動します。
ちょっとあまりにも暑いので、まずは椰子の実ジュースを。
自分は呑む気がなかったのですが、同行者が呑みたい、でも細かいお金がない、おじさんもおつりがない・・・じゃあ呑んでよという構図で呑まされたに近いのですが。そういやその時のお金はどうなったんだ?自分が小銭持ってたんだったかな?絶対に奢ってくれないはずなので・・・たとえこの椰子の実ジュースが20円だったとしても(笑)
e0142611_0374694.jpg

まあ、椰子の実の成長具合もあるのでしょうが、自分のは「ジュースだけだわ」といって何もなかったのですが、同行者は中のナタデココになるべき部分を食べてました。いいな〜(笑)

#後ろのバターボールわかりますぅ?後ろはすっぱり切り落とされてますよね?

そのおじさんが使っているナイフ?もなかなか格好がよいのですが、写真を撮らせてと言うともの凄く自信ありそうな手さばきでサクサクと切ってくれました。技です。
e0142611_0384915.jpg

そしてその後ろでは帽子などを売っている店が。もう帰りまで日数もないので、買いませんでしたが、すでに日焼けで一度脱皮しました(笑)
格好が良いなと思ったのは隣にある発電機。どう考えてもどこかの車から取ったエンジンですが、こう言うのを使っていくのはすごいです。環境には悪いでしょうが。
何にも捨てないのでしょうね。すごいすごい。
e0142611_0392271.jpg

この海岸寺院は海岸寺院と言うだけあり、本当に海岸にあります。そして、当然圧倒的な風化作用を受けているのです。8世紀に建てられた寺院なのだそうですが、7つあったもののうち残っているのは今の一つだけ。
防風林も作ったようですが、ちょっと風化の激しさに対応できていないかなと思います。
今まで見てきた寺院は石窟寺院でした。彫っているのですね。しかしここは石積形式で建てられたものです。作るのは場所も選ばないですし、石積みのほうが効率はよいのでしょうね。
e0142611_0403421.jpg

今写真を現像して気づいたのですが、先端部は石じゃないのかな?素材は違いますね。
e0142611_0411899.jpg

そしてここにもゾウがいます。すごいです。でかい(同じ感想かい・・・)。
こちらは形が形だけにあまり風化を感じません。もちろんしているのですが。
e0142611_0415719.jpg

この辺のショットも、風化を強く感じます。
この町、マハーバリプラム・・・正式名称はマーマッラプラムはきっとこの寺院を建てた頃には栄えていたのでしょうが、現在は随分小さな街。なんだかこの海岸寺院の風化と街の様子がなんとも重なって見えるのです。

人気ブログランキングへ
なぜか途中でブラウザのシャットダウン頻発。3回も消えました。
応援よろしくお願いいたします。
[PR]
by wisdom96 | 2010-02-25 00:43 | 旅行記録
青森県、浅虫の水族館で撮影したカクレクマノミとイソギンチャクです。
イソギンチャクは刺胞生物で、触手の先端部から針のようなものを出し、獲物を捕らえます。
しかし、このカクレクマノミは、イソギンチャクの刺胞への耐性があって、この中に潜むことができるのです。うまく進化していますね。そしてイソギンチャクの食べ残しなどを食べて生活しているのです。
全然痛くないのでしょうかね?不思議です。

e0142611_162359.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2010-02-24 16:23 | 動物・昆虫