ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

<   2010年 03月 ( 38 )   > この月の画像一覧

学校の鉢植えの中にゼラニウムがたくさんあります。
ゼラニウムは、臭い(香り?)があまり好きじゃないのでまともに見たこともなかったのですが、今日見てみるとなかなか綺麗な花でした。
これ、ゲンノショウコと似たような果実のようですので、調べてみるとフウロソウの仲間らしいです。妙に納得させられました。
e0142611_23384731.jpg

種子はこんな感じになっています。
ゲンノショウコのようにはじきとばすというわけでもないようですが、この綿毛でフワフワと飛んでいくような感じの切れの良さもなさそうだし・・・
e0142611_23391548.jpg

ということで、飛ばないで残っているのを花を背景に・・・絶対に前の写真の方が見やすいですね(笑)
はじける瞬間か風で飛んでいく瞬間を見たいものです・・・
e0142611_2339429.jpg

人気ブログランキングへ
あ〜新年度に入ってしまうな・・・
[PR]
by wisdom96 | 2010-03-31 23:40 | 花・森・山 | Trackback | Comments(2)
真冬の林の中に入っていくと色々な物が見えてきます。
オンシーズンであれば、葉などに紛れてしまって見えないような世界が見えてくるのです。

樹皮についているコケ。もの凄く小さな固まりなのですが、この時期だと随分目立ちます。足場も安定しないので手ぶれしてしまいますが、こんな感じです。1円玉の面積くらいのコケ玉です。

e0142611_11555958.jpg


冬芽は本当にこの時期にしか見ることができません。
このオオカメノキは先日も紹介しましたが、本当にかわいらしい形ですね。
クリオネにも見えるし、ウルトラマンにも見えるし・・・何に見えますか?

e0142611_1235221.jpg


そして発見したのがこれ。

e0142611_12615100.jpg


自己完結している感じです。伸ばした先には何もなく、結局自分に巻き付いて戻っていったのですね。これ、葉を伸ばすためにツルを伸ばしているのですが、最終的に自分に巻き付いたのであれば、本来の目的には適していないことになるのですが・・・難しいですね。自然の世界は・・・

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2010-03-31 12:13 | 季節の風景 | Trackback | Comments(2)
オロフレ峠に行くとき、登別まで高速道路を使いました。
南に行くほど道路脇の雪もなくなります。
千歳より南は本当に雪の少ない地区なのです。
高速の流れはそれなりでした。で、流れに乗ってスイスイ進んでいると、第一通行帯に銀色のクラウン。ルームミラーは2段。二人乗っていますので、あっさり自分は第一通行帯に。TVのアンテナのような物もついているのでちょっと??って感じでしたが、かなりの確率でやめた方がよい雰囲気。

自分の前のベンツはそれを知らずに120km/h位で抜き去りました。
すると、前のシルバーのクラウンは、一気に加速。赤色灯を出して追跡・・・と思ったら、ベンツのおじさんは即ブレーキで、そのまま微妙な速度で巡航。すると、覆面パトカーは追跡をやめました。120位なら許してくれるのですね。
でも、このベンツのおじさん、携帯電話で話をしていたのですが・・・抜くとき。自分は「あ〜あ、抜いちゃダメなのに」と思って見ていたので。

e0142611_2123271.jpg


そんなことをしているときに、そうだ、カメラ持ってたなということで撮影しておきました。この覆面パトカーは、この先の緑色の看板で外に出て行きました。
きっと、管轄外になりそうなのでベンツのおじさんを深追いしなかったのでしょう。

スピード違反には十分注意しましょう。北海道は、冬よりも夏の方がずっと大きな事故がが多いのです。やはりその原因はスピードでしょうね。エネルギーの増え方がひどいのです。

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2010-03-30 21:03 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
今朝メールを見たらAppleStoreからだった。
昨日、iMacいいな〜とか思って、かなりの時間見て、支払いシュミレーションもした。

そこにこんなメール。
e0142611_100479.jpg


アレ?ワンクリックしたっけ?払えないぞ・・・と思ってオーダーを確認しそうになりましたが、ちょっと待てよと思って、メールのヘッダーを確認するとこの有様。

危ないですね。

ここにもここにも詳しく出ています。
まったく腹立たしいですね。
みなさん、有名企業から(風)のメールには十分以上にご注意を!
AppleStoreにアクセスしたからこのメールが来たのだとしたら、かなりたちがわるいですね。
そんなこと、ないですよね・・・

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2010-03-30 10:05 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
流水によって山が削られるという感覚は、授業をしていてもなかなか理解してもらえないことの一つです。そのようなことを見るチャンスがないのかもしれませんが、それはチャンスがないのではなく、そういう目で見ていないと言うことなのだろうと思います。

e0142611_3175996.jpg


先日、キタキツネを撮影したのは、この谷の写真を撮影しようと思って車から降りたときの出来事でした。

今の時期はほとんどの樹が葉を落として草も枯れていますから、このような風景を見ることができます。案外深い谷に細い川が流れ、おそらくかなりの勢いで削られているのではないかと思います。時期を逃しましたから今すぐこの斜面を降りるのは無謀です。春にでも降りる機会があればなと思いましたが、なかなかハードそうです。沢を登っていくという方法が安全なのかもしれません。



人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2010-03-30 03:21 | 季節の風景 | Trackback | Comments(0)
ヤナギダコという種類のタコの卵巣がこの時期大変安価で売られます(北海道では)。

これは「たこまんま」と呼ばれているのですが、随分大きく、確かに加熱するとご飯粒のようになるのです。

卵巣膜に包まれている段階ではこんな感じ。テニスボールとソフトボールの間くらいの大きさで、けっこう大きいです。
e0142611_22511122.jpg

一粒ずつに栄養分を送らなければいけませんから、全てつながっている必要があります。こうやって開いてみるとその様子がわかります。
そして、血管の部分が青っぽく写っているので、血液の色なのだろうと思います。
e0142611_2252180.jpg

それぞれの粒にはこのような微妙なもようが付いています。
これを見ると、食欲が減退してしまう人もいるようですが、味的にはなかなかです。
2個で200円でした。お得です。
e0142611_22523537.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2010-03-28 22:53 | 動物・昆虫 | Trackback | Comments(0)
先日登った同じ場所に再び登ったのには理由があります。
カメラのレンズです。
前回は標準レンズしか持っていなかったため、納得いくような写真が撮れなかったのです。
ところが今回は、朝からの曇り。なんとも不運な感じです。前日はめちゃくちゃ良い天気で、本当なら2時過ぎに登っているはずだったのですが、諸般の事情でそれがかなわなかったのです。

それでも、雪の中で植物たちはいつものように寒さに耐えている感じです。

世代交代を感じるようなものもありました。
まずはこれです。去年の残り。それでも、確実に新しく芽生える準備をしているようです。

e0142611_22571617.jpg


カサカサと乾いた音を立てて風に揺られています。
そんな音が一番大きく聞こえるのです。

樹皮にはこんな感じ。
頑張っています。世代交代というよりは、新しい仲間をここから増やす感じでしょうか。

e0142611_2382960.jpg

e0142611_2385792.jpg


このシダの仲間は、春にはまた復活するのでしょうか?見に来なければいけないな・・・

e0142611_2310142.jpg


そしてさらに面白い物を発見しました
[PR]
by wisdom96 | 2010-03-27 23:11 | 季節の風景 | Trackback | Comments(0)
北海道で生活している人間にとってあまり珍しくはないキタキツネではありますが、ほとんど警戒心がなく、むしろ餌をねだりにやってきているのだろうかと思わされるような個体に出会いました。

オロフレ峠から洞爺方面に下りていく途中、写真を撮ろうとおもって車を降りたところ、ふと気がついたら一匹のキタキツネがこちらを見ているのです。
カメラを向けてもあまり動きません。
最近は疥癬というダニにやられた個体をよく見かけるのですが、これはフサフサの毛に覆われていて、極寒の北海道仕様という感じの綺麗なものでした。

e0142611_10112457.jpg


それでも、道路に車が止まった途端にこちらにすり寄ってくるあたり、賢いというか情け無いというか、何ともいえない気持ちにさせられてしまいました。
こういう生活習慣は、個体として修得していく物なのでしょうか?それとも、成長の過程で親から教えられるものなのでしょうか?

いずれにしても、エキノコックスだ何だと北海道では好まれない傾向のあるこのキタキツネ。元気で生活していって欲しいなと思わざるをえませんでした。
そしてこの毛の動きでわかるように、頭が痛くなるほどの体感温度でした。風が強いのです・・・

 人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2010-03-27 10:12 | 動物・昆虫 | Trackback | Comments(0)
どうもやっぱり今年の天気は変な気がしてきました。
昨日の夜も雪。昼は曇天で気温も上がっていませんでしたが、オロフレ峠にいって登ってきました。

駐車場の時点で、氷点下2℃。誰もいませんでしたし、風の音しか聞こえないのです。それがなかなか良い感じで、写真を撮ったり寝ころんだりしていれば、あっという間に時間は過ぎますが、身体も確実に冷え込みます。
 さすがに冷え切って動き始めればまた汗ばんでくるのです。

無事に帰宅して、夜。また冷え込みが厳しくなってきて、空気中の水蒸気は白い霧になり雪も降っています。

街は動きを止めて静かになっています。音を立てずに降る雪だけです。
それを2色の光が照らし出しているのですが、色調が正反対に近いので、綺麗なグラデーションになっています。

昼の日差しはさすがにたくさんの雪を溶かすのですが、こう毎日降るとこまってしまいます。
e0142611_9304698.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2010-03-26 09:33 | 季節の風景 | Trackback | Comments(0)
「最後はやっぱり解剖が良い」ということで、最後の授業を考えなければいけないことになりました。まあ、やるべき事は終わったので、解剖の素材として何が良いのか・・・それを考えると「イカ」が適当かと思い、実習することにしました。

先週の例会では「ヘモシアニン」というイカの血液に含まれる色素をどうやって見せようかという話になりました。
その中で、エラの部分を過酸化水素水につけたり、酸素を入れた袋に入れて放置したりと色々やってみましたが、いずれの方法でもしっかり見えることがわかりました。

ただ、冷凍された物であれば、そのままでも見えますよという証拠写真がこちら。
ヘモシアニンの色は、タコでも冷凍のものだと非常にわかりやすいのです。

今の子どもは、イカを捌いたこともないようで、きゃーきゃー言いながらやっていましたし、その手つきは悲惨です。
さらに驚いたのは目があることに驚いたり、中にある背骨のような軟甲に驚いたりで、こちらの方が随分驚かされました。

まあ、どこかでこういう体験をしておかなければいけないのでしょうが、それが学校で、さらに理科の授業である必要はあるのだろうかという疑問を感じながらではありますが、「へ〜口ってここにあったんだ」とか「スミってどこに入ってるんですか?」とか聞いている子どもらを見ていると、これで良いのかもなと思ったりする複雑な感じでした。

e0142611_107476.jpg


ZOOLOGY COLORING BOO (HarperCollins Coloring Books (Not Childrens))この本はめちゃくちゃ良いですよ。愛用しております。
子ブタの解剖もこの本に詳しく出ています。


人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2010-03-23 10:17 | 実験・観察 | Trackback | Comments(2)