ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

<   2011年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 酸性の水溶液には酸性の性質を示す水素イオン(H+)が、アルカリ性の水溶液にはアルカリ性の性質を示す水酸化物イオン(OH-)が含まれています。これらのイオンが、リトマス紙やBTB溶液の色を変化させる元になっています。
酸性水溶液とアルカリ性水溶液を混合すると、水溶液中の水素イオンと水酸化物イオンが結びついて水が、酸性水溶液の陰イオンとアルカリ性水溶液の陽イオンが結びついて
「塩(えん)」ができます。このことを中和と呼んでいます。水溶液は中性になります。
 塩酸と水酸化ナトリウムという誰でも知っているような危険な薬品同士の中和では、水と塩化ナトリウムができます。つまり食塩水になるのです。
 中和によって水が生成するというのを目で確かめることはできるでしょうか。写真
は純粋な酢酸(氷酢酸)です。その中に無水硫酸銅という白色粉末を入れます。

e0142611_102392.jpg


白色の無水硫酸銅は、水分があるとそれを取り込み、きれいな水色になります。
その性質を利用すると、酢酸を中和したときにできる水を、確認できそうです。酢酸の中に水酸化ナトリウムを入れると写真のようになります。
水酸化ナトリウムが酢酸と反応し、中和が起こって水が生成し、無水硫酸銅が水色に変化してきているのがわかります。この反応では酢酸ナトリウムという塩が生成します。

e0142611_112177.jpg



e0142611_121553.jpg



最後の写真は、アルカリ性から中性、そして酸性へと変化する水溶液の様子をムラサキ
キャベツから抽出した色素を指示薬として観察したものです。炭酸ナトリウムというアルカリ性を示す物質に、ムラサキキャベツ抽出液を入れ、そこに酸性の塩酸を入れていきます。すると境界では中和が起こり、アルカリ性側、酸性側それぞれが、上下端それぞれをピークにしてだんだん中性に近づいてきている様子がわかります。
 この二つの物質を混合すると、二酸化炭素が発生します。徐々に反応して、その気泡
が上にあがっている様子も見られます。

#RikaTanに載せた記事より

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2011-02-28 01:03 | 実験・観察 | Trackback | Comments(0)
といいながらもう昨日の夕陽なのですが、なかなか綺麗でした。
会議で校外だったので、日没をみられたというか、日没がどんどん遅くなっている。
強烈なコントラストだった。
観天望気を信じれば、明日は晴れだな。

e0142611_0433077.jpg


人気ブログランキングへ
眠たいな・・・応援よろしく。がっくり下がってます(笑)
[PR]
by wisdom96 | 2011-02-23 00:44 | 空・雲・鳥 | Trackback | Comments(0)
 小学5年生の理科で、「流れる水のはたらき」と
いう単元があります。雨水や雪解け水などが川をつ
くり、傾斜にそって流れるとき、浸食・運搬・堆積
というさまざまな作用をしているということを学習
する単元です。
 どの流域でどの作用が最も活発に起こるかという
ことは難しい問題です。それは、場所によって地質
が異なり、水の流量がいつも変化しているからです。
 飛行機から外を見ると、流水によって作られた様
々な地形がみられます。日本の川は急峻で、他の国
の川と比べて「滝のように流れる」と表現されるこ
ともあるほどです。ですから、山は深く鋭く削られ
ているのです。

e0142611_5443828.jpg


 写真はロシアのゴビ川周辺の川です。白く見え
ている部分が流水です。このあたりは傾斜の小さな
土地で、ゆったりとした流れで土砂の運搬や堆積作
用がおこなわれています。カーブした川の内側に大
量の土砂が堆積している様子がわかります。カ
ーブの外側は浸食され、内側に堆積するので、この
カーブはどんどん強くなっていくことになります。
現在はGoogleマップなどでこのような地形を見るこ
ともできますが、飛行機の窓から直接自分の目で見
るとその感動も格別です。機会があったら是非機外
に目を向けてみてはいかがでしょうか。
 台風などで突然川の水量が増えた場合、川は氾濫
します。水は傾斜に沿って直線的に流れるのが最も
短距離になるからです。去年(2009年)の10
月に大きな台風17号が台湾を襲いました。道路は
寸断され、多くの家も流されるという惨状がTVなど
でも報道されましたから、映像を見た方も多いかも
しれません。
 それを上から見るとどうなっているのでしょうか。
氾濫した数日後に偶然その上空を通過しました。

e0142611_5453615.jpg


大変なことになっているのを知らずに飛行機になりま
したから、機外の様子には衝撃を受けました。川が
氾濫し、大量の土砂が流域に取り残されているのが
わかります。そして、流量が減った川幅は以前のよ
うに収束していきます。現在のように人間の手が加
えられない場合、今まで湾曲していた部分は、堆積
した土砂などで遮られ、本流から外れてしまうこと
になります。

e0142611_5463348.jpg


すると、今までの湾曲部は写真のような三日月湖と
して残ります。三日月湖は北海道の石狩平野に今で
もたくさん見られます。写真1のロシアの川の周辺
にもおなじように三日月湖が見られます。突然の増
水がない場合でも、カーブの外側が浸食され、湾曲
が強まりやがてつながってしまうこともあるからです。
 雨降りのあと、地面が出ている場所をよく観察す
ると、極小規模ではありますが、このような地形の
ミニチュア版が色々なところに見られます。自分の
足下に目を向けると新しい世界が広がっているので
すね。

人気ブログランキングへ
さ、再開しました。一応出すものは出したんで・・・
でも、まだあるんだな
[PR]
by wisdom96 | 2011-02-22 05:47 | 教材・教具 | Trackback | Comments(0)
今日は昼に随分気温が上がったようです。
ちょっと外出して戻るとかなりの勢いで氷柱から水が落ちています。
屋根の雪がとけている証拠でしょう。
結局太陽の光が最強です。

ポタポタと落ちる水滴を見ていると中々面白いものです。
綺麗な球ではなかったりして・・・でもしっかり内部で光が屈折していて、虚像が見えるのです。

e0142611_1802227.jpg


こうやって、一本の氷柱だと暢気に綺麗だねとかいう話になるのですが、そんなはずもなく、絞りをかなり絞り気味にして撮影するとこんな感じ。
e0142611_1803788.jpg


氷柱の本数もそうですが、向こうの家の屋根の上。
まだまだ大量の雪が積もっています。
このような新しいタイプの無落雪建築は、屋根の上の雪どけ水はうまく排水していくようになっています。
ですから、雪下ろしなんかしません。

春か・・・融けるな〜と思っていたってそんなのはまだまだ幻想です。
まだ二月半ば・・・日は長くなってきたなと実感しますが、こうやってまた雪がふってきています。
e0142611_180427.jpg



人気ブログランキングへ

さて、この後最低二本の原稿を・・・
[PR]
by wisdom96 | 2011-02-13 18:07 | 季節の風景 | Trackback | Comments(0)
東京からの帰り。
JALであるという事以外は何も気にしていなかったのですが、搭乗口に行ったらジャンボでした。

e0142611_1655443.jpg


大失敗です。
搭乗券しかなかったので、座席指定を直前にしたのですが、空きがあったので身体のサイズ的にいつものようにClassJへ。
ジャンボなのを知っていたら二階にしたのにな。
もうあまり乗る機会もないだろうから。
あの独特の空間が好きだったのですが。

ClassJは前の方ですから、写真はこんな感じ。

e0142611_165579.jpg


自分の前は飛行機マニアが。
ベルトサインが消えてからは動き回りすぎ。
まあ、狙って乗って写真撮影なのでしょうから仕方がないとも言えそうですが、なら通路側にしておけばいいのにという感じ。
通路側の人がかわいそうすぎました。

機内放送でパイロットがジャンボの話をして居たのが印象的です。

一つの歴史が変わるんですものね。
国際線はまだジャンボがあるでしょうが、この辺りに庶民が乗る事はないでしょう。
ファーストクラスですものね。

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2011-02-13 16:45 | 飛行機・船・列車 | Trackback | Comments(0)
研究会参加のために東京へ。
授業を終えてダッシュで移動開始です。綱渡り状態でやっと飛行機に間にあいました。
こういう時に限って、電車が遅れるんですよね〜。だいたいそんな物です。

イライラしながら待ってもしょうがないので、ちょっと旭川行きのスーパーカムイを撮影してみました。ところがシャッター速度を調整しておらず、流し撮りもしなかったので、まさかのこんな写真。まあ、面白いと言えば面白いショットです。
e0142611_1181338.jpg

今回は珍しく国内のパック旅行。窓側の席をJRの旅行センターがとってくれていました。
ラッキーです。

ところが、気づいたらもう上に上がっています。寝てました。
で、面白いくらい煙がまっすぐ上がっていました。
本当に無風です。

e0142611_1181363.jpg


途中、雲の間からチラチラ見える風景を何枚か撮ったりしているうちにあっという間についてしまいます。

e0142611_1181452.jpg


成田か茨城から飛び立ったと思われる飛行機も見つけられました。
長めのレンズがあれば結構面白かったのですが、残念です。

e0142611_1181451.jpg


そう言えば久しぶりの777でした。
シート配列などを考えても、やっぱりでかいですね。
これで単発なので747が退役してしまうのは仕方がないのかもしれないなと思いました。

e0142611_1181559.jpg


到着後です。
こうやってみると、本当にいろいろな種類がありますね。
操縦免許は航路、機種ごとっていうのはかなり大変だろうし、運行調整も大変そうですね。
747退役すると機長さん達どうなるんだろうか?

e0142611_1181654.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2011-02-13 11:02 | 旅行記録 | Trackback | Comments(0)
今日は東大付属の研究会。
昨日のうちに入っていたので、三鷹で仲間と飲み会。

遅い昼飯の時に、別な仲間から電話。
こっちに来てるの?と。

こういうの嬉しいよね。
さあ、研究会もまた夜も楽しみだ。
外は雪だけど。

e0142611_915863.jpg

[PR]
by wisdom96 | 2011-02-11 09:07 | 食・呑・飲 | Trackback | Comments(0)
ちょっと日にちが前後します。
都城や霧島道の駅に行った日。翌日の日程を考えると、この日のうちに高原町に入れないかと挑戦をしに行きました。
何本かの道路があるのですが、ことごとく閉鎖。都城を経由しなければ入れないようです。
しかし、時間的にも厳しく、さらに途中の道路も驚くほどの工事中。
やはり北海道との道路事情の違いを痛感します。
北海道だとナビのデフォルトの状態だと到着時間予定がどんどん短縮されて行くのですが、こちらではほとんど変わらないか、むしろ遅くなる位です。

日没も近づき、半ば諦めかけた頃、看板に「関之尾甌穴群」というのが出てきました。
それ程遠くはないので、朝の早起きの決心と共に、高原町は断念。こちらに向かうことにしました。

行ってみると駐車場にはたった一台の車。暗くなる前にと、急いで滝の方へ進みます。すると、その車のオーナーでしょう。ご夫婦ででかい三脚を持ってもどってきました。ちょっと滝に期待できるのかもしれませんね。
途中の道端にはこの様に複雑な植生が見られます。着生しているのはシダの仲間なのでしょうか?山に登る時、この様なものが木の枝についているのを見ることはありますが、一面これに覆われるのはすごいですね。

e0142611_15192834.jpg

光が良くはないのですが滝自体はかなり大きなものでした。
幅40m、高さが18mだそうです。
e0142611_15194079.jpg

シャッター速度を落とすとこんな感じ。
これはこれでまた雰囲気が出ます。
e0142611_15195255.jpg

さて、滝は良いとして甌穴群。甌穴は、岩盤などが水流で動かされた小石などによって浸食され穴が空いたものです。長い年月と絶妙な条件ーー水流、水深、岩盤の硬さーーが必要だろうと思います。それがこの様に広がっているのです。
e0142611_1520426.jpg

ところが、やはりここでも噴火の影響が出ています。
水がやたらと濁っているのです。入り口にあった看板の写真は綺麗な青い水が岩に絡みついて流れている様子。明らかに違いすぎます。
e0142611_15201981.jpg

川べりを見てみるとやはりこうやって火山噴出物が溜まっています。
そしてやはり動物の足跡があるのです。
水かきがついた鳥、肉食動物のもの。犬なのかもしれませんけれど。

e0142611_15204163.jpg


e0142611_15205883.jpg


そんな事を見ながら進むと、石の上にはカワガラスがいました。
残念ながら暗すぎてうまくとれませんでした。いや、その前にレンズが短すぎです。

駐車場に戻る途中の林の中にはひときわ目立つ樹が。ヒメシャラです。
これを最初に知ったのは屋久島ででした。初めて屋久島に行った時、今はもういない永留さんが教えてくれたのです。
e0142611_15211375.jpg

そんな事を思い出しながらその辺の火山灰を回収してホテルに戻りました。
ホテルの前の月は何とも言えない雰囲気。
中々綺麗でした。

e0142611_15211869.jpg


人気ブログランキングへ
まさかのまた機内です。
雪まつり帰りの人がやたら多いです。
[PR]
by wisdom96 | 2011-02-10 12:18 | 旅行記録 | Trackback | Comments(2)
灰捨て場を見学後、付近でどう考えても灰ではない軽石を採取しました。
e0142611_034967.jpg


地元の方達は、こんな風に自衛しています。
随分角張った結晶ですからワイパーなども案外傷むだろうと思います。
e0142611_042083.jpg

明らかな違いが見て取れます。洗車するのも大変そうです。
このまま洗車せずに次に雨などが降ったときには大変なことになりそうなのです。
こびりつきますよね。

e0142611_041550.jpg


苗立てをしていると思われるこのハウス。
灰は一応落としているのですが、照度ががた落ちなのは明らかです。
このような被害が風向き次第でどの方向にも広がる可能性があるというのが恐ろしいことだと思います。

宮崎県は口蹄疫でもひどい被害を受けています。
こうやってストックしてある飼料についてもひどい状況です。
e0142611_04899.jpg


近づいてみるとこうです。
e0142611_04080.jpg

洗ってからビニルを剥がすのか、そのまま剥がすのかわかりませんが、手間になるか、ウシなどに良い影響がないのはハッキリしているだろうなと思います。

さて、それなりに見るべき所は見られましたから、福岡空港までもどります。
往路は都城まで足を伸ばしましたので、帰りは空振などで随分被害の出た高原から乗ることに。
表示板ではこのような情報が流れています。
e0142611_04271.jpg


このように、やはり風向き次第なのです。街の位置の関係が今回は大きいのですが多くが高原から都城の方に流れているということになりそうです。

駐車場で必死に軽石の上を歩いていたセキレイ。
ここにもいます。
今度は白線の上を歩いていました。
e0142611_043550.jpg


途中最後に霧島インターに。
e0142611_044170.jpg

残念ながらこの日は新燃岳を臨むことはできませんでした。
ということは、昨日のうちにいろいろと撮影できて良かったと言うことになります。

さて帰りの便に無事に搭乗できました。
帰りの便では窓外を観察することもできましたので、そのうちそのあたりを。
分水嶺のことなどを考えていました。

乗った位置の関係でしょうか。猛烈な風切り音でした。
翼のたわみなどを見ているうちに寝たり・・・です。
e0142611_044856.jpg


北海道に着くと気温は氷点下。
後ろの席や隣の席の人たちはどうやら雪祭り見学のようです。
氷点下のアナウンスを聞いて衝撃を受けていました。
じゃないと雪祭りなんか成立しないのですよね・・・(笑)
e0142611_045250.jpg


人気ブログランキングへ
今日も結局こんな時間・・・
ソーシャルツールってのが追加になりました。使ってみてください!
[PR]
by wisdom96 | 2011-02-10 00:28 | 旅行記録 | Trackback | Comments(0)
九州の滞在時間はほぼ一日半。
勤務があるからしかたがないのです。もったいないのですが・・・

もう、出発の日です。鹿児島県にいるのですが、二時過ぎの飛行機で北海道へ。
福岡空港から・・・それも直行便の関係で仕方がないのです。

でも、早めに移動したお陰で、こんな綺麗な太陽を見ることができました。
空気の状態でしょうか、やたらと赤く見えていました。
(が、写真じゃだめですね)
e0142611_326384.jpg


霧島ロイヤルホテルに宿泊しました。
素泊まりなのですが、ジャンケンで勝ったら朝食サービスというプラン。
チェックインの時点で惨敗し朝食抜き。
「すみません、空気読めなくて」とかいってましたが、「噴火が見える部屋」というオーダーには答えてくれていて嬉しかったです。

ここには、中継車が6台いました。拠点ですね、完全に、
e0142611_3255598.jpg


何とか大きめの軽石を探すために高原町か御池方面に行きたい。
そちらに向かうには通行止めの道路を迂回しなければいけないのです。

でも、そのお陰で色々な物をみることができました。
ビニルハウス。
e0142611_3255035.jpg

積もった灰を降ろしたあとがわかります。
これだけ積もっているのですね。
鳥たちも羽ばたいています。

しばらく走ると、こんな看板が・・・
e0142611_3254058.jpg

これは向かうしかない・・・

この車もどうやら荷物は火山灰のようです。
e0142611_3252756.jpg

坂道がしんどそうでした・・・

e0142611_3252372.jpg

到着するとこんな感じの広場に次々と到着した車が灰を降ろしています。
e0142611_3251814.jpg

この量です。もちろん街中の全て持ってきたら溢れるに決まっているのですが。
少しでもここに運んでしまわないと色々な問題になりそうな気がします。

e0142611_3251394.jpg


プール。
これは大変そう。
でも昨日の露天風呂の底に少し灰がたまっていたよな・・・でも温泉とプールじゃ違いすぎですよね。

散水車が走り回っています。
ただ、なかなか根本的な対処にはなっていないなと思いました。
除去しなきゃだめなのでしょうね。
排水溝などが埋まりますよね。
e0142611_325554.jpg


人気ブログランキングへ
4時かよ・・・ねるか
[PR]
by wisdom96 | 2011-02-09 03:49 | 旅行記録 | Trackback | Comments(0)