ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

<   2011年 06月 ( 79 )   > この月の画像一覧

黙ってみていると、アメンボの様子が色々と見えてきます。
しかし、なかなか時間が取れないことと、なんといっても蚊に刺されるのが頂けないですw

カメムシ自体がそうですが、幼虫の時期は飛ぶことができません。
アメンボもそうなのではないかと思います。
となると、親が産卵したその水場にしかいられないのでしょうか?
ちょっと気になります。

そんな幼虫はこれです。親とはちょっと色が違いますね。形は似ていますが縦横比は違います。
e0142611_18495933.jpg


産卵前、当然アメンボは交尾をします。
それは水上でこのように行われます。
e0142611_18505031.jpg


今日は自転車で学校に行って帰りに思いっきり雨に当たりました。
まあ、何となく気持ちよい感じでした。
この水たまりの面積は少し増えたかもしれません。

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2011-06-18 18:52 | 動物・昆虫
マツモムシを発見した小さな水たまり(長辺で1mあるかどうか・・・)には、観察中たくさんのアメンボが飛んできます。
みているとおもしろいくらいの動きをしています。
そのなかで最も大きかったものをうつしてみると、案外ピントもぴったり。
そして、偏光フィルターをかけていないので、水面は光を跳ね返しています。

それが幸いして、アメンボのおなか側がうっすらと写っています。
これはこれでなかなかおもしろいことになっています。
e0142611_8575095.jpg


これも写真は拡大されます。クリックしてみて下さい。

人気ブログランキングへ
これから部活か・・・
[PR]
by wisdom96 | 2011-06-18 08:58 | 動物・昆虫
水中のカメムシ目、マツモムシが学校の体育館玄関前の小さな水たまりの中にいました。

もちろん残念ながら誰も気がついていないでしょうし、小さな水たまりなので、覗く人もいないかもしれません。
でもこんな小さなところでも、色々な活動が展開されています。
マツモムシがいたのはちょっとびっくり。
ところが、あまり奇麗な水ではないですし、既に藻も発生しているので奇麗にうつりません。
PLフィルターがぶっ壊れたというのも大きいです。(ずっと使っているので、変更シートがはがれてきました。)

それでも、水をかきやすい形状になっている後肢、そしてそれによって動かされた様子が写し出されました。なかなかラッキーショットです。
e0142611_7335274.jpg


是非その水の盛り上がりをご覧下さい。
クリックすれば拡大画像になります。

人気ブログランキングへ
で、応援よろしくお願いいたします。
[PR]
by wisdom96 | 2011-06-18 07:34 | 動物・昆虫
真っ白な羽根にバラバラと黒い点。
羽を広げると真っ赤な腹部に黒い縞。

そんな奇麗なヒトリガの仲間です。
教室の窓の外にとまっていました。

一応白い手すりにとまって見えないつもりなのかどうかは謎ですが・・・
どうなのでしょうね?

e0142611_1254150.jpg


こんな美しいヒトリガですが、幼虫はものすごいケムシです。
クマケムシなどと呼ばれる本当にモソモソとあるくケムシ。

ここに詳しく出ています。

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2011-06-17 12:08 | 動物・昆虫
風力発電所は、風が吹いてなんぼな施設ですが、どんよりした曇り空だとなんだか物悲しい雰囲気になってしまいます。

写真の右側は完全に雨です。
これ、西側になりますので、このあと風力発電所も雨の中へ・・・
随分局所的な振り方でしたが、なんだか寂しくなってしまう感じです。
e0142611_11364596.jpg


なぜでしょうね・・・

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2011-06-17 11:37 | 季節の風景
「チョウとガの違い」に興味をもってくれている生徒がいましたので、手持ちの写真から一枚作りました。

どうも小学校では飼育をしていないようで、チョウの触角については殆ど認識できていないようでした。もったいないなぁとおもいます。

カイコでもやるかな・・・
e0142611_9472335.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2011-06-17 09:47 | 未知への探求
ヤマブドウがめきめきと成長しています。

すごいな〜と思わされるのは蔓植物のしたたかさ。
見事に這い上がり、どの植物よりも上に出ようとしています。
そのツルの仕組みに驚きます。
e0142611_9325264.jpg


マクロで撮ると合焦範囲が大変狭いので、その奥がぼやけます。
これでもかなり絞ってはいるのですが・・・

で、焦点位置を移動させると、これが見えてきます。
e0142611_9341989.jpg


ヤマブドウの花です。こりゃこの辺は大量に色々なものを収穫できそうな予感だな。

人気ブログランキングへ
確実に下落中。応援よろしくw
[PR]
by wisdom96 | 2011-06-16 09:35 | 花・森・山
たまたま発見したオオエグリシャチホコの写真をもとにして一枚。
e0142611_9272569.jpg


人気ブログランキングへ
昨日のキャタピラが以外と受けていましたw
[PR]
by wisdom96 | 2011-06-16 09:28 | 未知への探求
エゾハルゼミの抜け殻を探していたら、なんだか今死んだばかりの状態のような雌のセミが落ちていました。

早速持ち帰って写真撮影です。
まずは頭部。
複眼の他にはっきりと単眼が見えています。

e0142611_1424334.jpg


単眼は光の方向などしかわからないそうですが、どのように感じているか不思議ですよね。
複眼もいかにも死にたてのような色でうつっております。

透明標本にすべきかどうか悩みます。

ここから追記
ニュースで面白いものが流れてきました。
ここです。


【シカゴ時事】米中西部ミズーリ州では今年、セミが大発生する当たり年で、同州コロンビアのアイスクリーム販売店がこのほど、セミを食材として調理し、アイスクリームとして発売したところ、店の予想に反して初回製造分が数時間以内に売り切れた。だが地元衛生当局の勧告に従い、販売を打ち切ったため、つかの間の人気商品に終わった。
 地元メディアによれば、セミ入りアイスクリームの商品化を決めた同店では、従業員が店の裏庭でセミを捕獲。羽を取って煮た後、ミルクチョコレートと砂糖をまぶし、アイスクリームに練り込んで提供した。
 同店は念のため、地元衛生当局に新商品を連絡すると、「セミの(適切な調理法などの)食品基準はない」との回答があった。セミは13年周期で大量発生するため、同店入り口の張り紙には「セミ入りアイスクリーム、2024年まで品切れです」と書かれているという。


最後の一文が何ともアメリカ。
「セミ入りアイスクリーム、2024年まで品切れです」このくらいのシャレが必要ですよね。
味はどうなんだろう・・・

人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2011-06-15 13:42 | 動物・昆虫
昨日も出張でここを通過しましたが、作業の方達はロープで宙づり状態になり、この重機の横をバックアップしていました。
すごいな〜と素直に思います。
e0142611_8234161.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by wisdom96 | 2011-06-15 08:24 | 未知への探求