ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

<   2015年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

e0142611_10091544.jpg
インキュベーターがないので、発泡スチロールボックスにお湯を入れて
湯たんぽ状態にして保存していますが、あっという間に温度が下がり
朝学校に来ると確実に一桁になっています。

そんな関係でなかなか成長がよろしくないのですが、
まあそこは国菌であるニホンコウジカビ。

それなりに頑張ってくれているように思うのですがどうでしょうかね?

なかなか思ったように進まないのがこういう実験で、
まあそれはそれで楽しいということにします。

こんな実験、そして部活動というナイスなバレンタインデーですね。
外は雪なので、除雪も付いてくるという・・・とほほ

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!


[PR]
by wisdom96 | 2015-02-14 10:13 | 実験・観察 | Trackback | Comments(0)
先日スタートしたカビの実験。
本日写真撮影などをしております。

アンケートでは、「カビは気持ち悪い」とか「汚い」なので、
面白いまとめにできそうです。

e0142611_10160589.jpg

双眼実体顕微鏡で見ると3日目、温度管理ほとんど無しでこんなモフモフに。

それを光学顕微鏡で見るとこんな感じ。
胞子が放出されそうな感じになってきていて楽しみです。
明日には一気にいってそうですかね・・・?

e0142611_10154483.jpg
なかなか面白そうです・・・

e0142611_10152101.jpg
ってことなのですが、まとめまでの時間がないですわ。
どうしましょ・・・

人気ブログランキングへ
↑クリックで応援よろしくお願いいたします!


[PR]
by wisdom96 | 2015-02-11 10:22 | 実験・観察 | Trackback | Comments(0)
つまづいたのがまさかの金塊、3000万円越え。

そんなニュースを見て、意外とそれなりにあるんだなって驚きました。

ニュースはこちらから・・・


ところが、もっと驚いたニュースはこちらです。

こんな「金塊」につまづくのはごめんだな・・・
その前に、こんな風に「加工」してどうしたいんだ?
自分で見るわけでもないだろうし、
ましてや誰かに見せるわけでもないだろうに・・・
まったく意味がわかりません。

やっぱり「金塊」につまづくことになるのかもしれないな・・・


ってことで、お隣韓国も大変そうですね、未来世紀ジパング。

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!

[PR]
by wisdom96 | 2015-02-09 22:47 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
何人かの生徒たちと、あるイベントに参加しなくてはいけなくなったので
「カビの研究」を開始しました。

時期的に空気も乾燥しているし、気温も低いのでちょっと残念ですが
なんとか簡易インキュベーターもセットして帰って来ました。

e0142611_21252433.jpg
とりあえず手持ちのカビの胞子を撒いて来ました。
これどのくらいの日数でどんな展開になるのかがまず楽しみです。
そして、やはり人間との兼ね合いを見ていかなければ面白みがないので
とりあえず培地と「お米」に幾つかの種類のカビを繁殖させる予定です。

e0142611_21272777.jpg

ニホンコウジカビの認知が少し広がって欲しいなと思っているところです。
さて、明日はどうなっているのかちょっと楽しみ・・・
インキュベーター欲しいな・・・

人気ブログランキングへ
↑クリックで応援よろしくお願いいたします!

[PR]
by wisdom96 | 2015-02-09 21:29 | 実験・観察 | Trackback | Comments(0)

中学校1年生ではじめて本格的に薬品を使って授業をするとき、いつも感じることがあります。

「塩酸」をとてつもなく過剰に恐れていて、少しでも体から離れた場所で、

つまりやたら腕を伸ばして作業しようとするので、逆に危ないなと思うのです。


その原因の一つは誤った知識なのだということに行き当たります。

いろいろ話を聞くと

「かかると肉が溶けて骨が見えるようになるよ」などと言われたらしく。

それはビビって当たり前。

でも、小学校でそんな薬品を使うと思うんでしょうかね?

骨格標本作る時とかに使いたいくらいです、そんな薬品があったら。


ということで、塩酸が「案外そうでもない話」などをして、

ずいぶん簡単に、ストローでブクブクやっている石灰水の方がずっと危険。

あの実験あまり気をつけないでやっていると思いますが、

目に入った時のリスクとかもっと考えるべきでしょうね。


今回、石灰石に塩酸で二酸化炭素が発生というのを見せただけで

歓声が上がったり、異様に恐ろしがっていてなんだか色々考えました。


しっかりこちらが学習しておかないといけないですね。


e0142611_10240691.jpg
これとか
e0142611_22125413.jpg
これとか
e0142611_21082019.jpg
こういう、大理石の建物が酸性雨にやられないようにしないとね。
そんなところにも行き着く話です
(無理やり感Max)

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!

[PR]
by wisdom96 | 2015-02-07 10:20 | 実験・観察 | Trackback | Comments(0)
今日は学力テストがありました。
やっと今採点が終了。
なかなか現実は厳しいです・・・色々な意味で

それが終わってすぐに、
サイエンス会議というイベントで発表するための実験準備で
寒天培地作りを生徒と。

理科室から外を見ると、綺麗な飛行機雲。
カメラがなかったので、iPhoneで。

e0142611_00525824.jpg
その前にも一機通過したようです。
せっかくなのでアプリで確認すると
e0142611_00530766.png
アンカレッジから台北行きの飛行機ですね。
しかも見ると、TransAsiaです。
AirbusのA330なので、機種が全然違いますが、乗客の皆さんは
なんとなく居心地が悪いでしょうね。
事故の直後というのは。

で、委員会活動中の生徒が一人、
樽前山の噴煙の上がり方今日はおかしくないですかと??

e0142611_00523242.jpg
撮ったつもりがピンボケなのですが、確かに随分高く上がっています。
いつも見えている風景ですが、
こういうところに気がついてくれる生徒がいるのは嬉しいです。


苫小牧民報という、樽前山のお膝元の新聞社の樽前山情報。
年間通すと結構な人が登っている山です。
特に変化がなければ良いのですがね。


↑クリックで応援よろしくお願いいたします!

[PR]
by wisdom96 | 2015-02-06 01:06 | 花・森・山 | Trackback | Comments(0)
型紙を適当な形に切って、そこにセメントをまきます。
すると山の形になります。
これは札自研(札幌自然科学研究協議会)の春日さんに教えてもらった方法です。

霧吹きで水をかけると当然固まります。

アクリル絵の具で下地の白を塗って、白くスプレーします。

それを水に入れて何段階かに色分けします。
e0142611_00264156.jpg
この写真のものは、
白の次に赤を塗り、
水を追加して青を塗り、
さらに水を入れたところ。

色がなかったのでうまくいかないだろうと思ったのですが、やはり不鮮明。
白です。

それでも、こんな感じになります。

e0142611_00263281.jpg
等高線と斜面の感じはよくわかります。

真上から見るとこうなります。

e0142611_00360436.jpg

これが、きっとこの先簡単に3Dプリンタでできるようになるのでしょうね。

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!

[PR]
by wisdom96 | 2015-02-05 00:39 | 実験・観察 | Trackback | Comments(0)
e0142611_21503341.jpg
今は離陸時も撮影できるんで便利になった??し、色々な画像が撮れることになりました。
帰りの便は、こんな席です。ちょっとエンジンからの排気で
写真がもやもやするのですが仕方ないです。
それよりも問題だったのは、窓が汚かったことです。

e0142611_21503932.jpg
これって前線みたいな感じですね。
はっきりくっきり雲の様子が違います。
e0142611_21512967.jpg
台湾の山々。
雪が積もっています。
なんというのか・・・こんなに険しい印象がなかったのでちょっと驚き。
今度行ってみます、登れるところ探して登ってきます。

e0142611_21513828.jpg
こうなってくると、下では完全に日が落ちかかっていると思います。
写真を撮るには、この角度が重要なのですね。
綺麗に撮れるんです、この後が。

e0142611_21514674.jpg
太陽がこんな風に照らし出します。
空も向こうのグラデーションがなんとも言えません。
でもこれ本当に短時間なんですね。

e0142611_21520155.jpg
すぐに真っ暗になり、今度は月が翼を照らしています。

と言ってもそんなに遅い時間ではないのです。
無事に千歳空港に到着。
ラウンジ効果で食べたいものはちょっと変化して寿司ではなかったです。

今回は「豚肉」「牛肉」が食べたくてしょうがなかったです。

人間って育った過程できっと変わるんですね、食べ物も。

人気ブログランキングへ

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!


[PR]
by wisdom96 | 2015-02-04 00:18 | 旅行記録 | Trackback | Comments(0)
香港に着きました。
街の中をウロウロする選択肢もありました。
30分後にはエアインディアで、香港在住の人が来るのもわかっています。
待っていればきっと会えるはずなのです。
英会話教室の先生だった人で、ホテルで結構話をしたのです。
でも、メンバーの決断は、やめておくでした。
疲れが溜まっているというのが大きな理由。
6時間ですが、ここでもプレミアムラウンジ生活。
e0142611_21500277.jpg
ここも相当な充実でした。
ただ、席が少なめでした。
時間的にも早かったのですが、もう空きがあまりない感じ。
それでも、座ってマッタリすることができました。

e0142611_21500873.jpg
いろいろ食べて美味しかったですが、これはちょっとダメでした。
Stand by meとはあるものの、きな粉を水に入れてパックしただけな感じです。

e0142611_21501299.jpg
窓から見ていると、エアインディア。B787持ってるんですね。
いや、まだ乗れていないのです・・・ちょっと悔しいです。

e0142611_21501522.jpg
この人は、写真を編集中。きっとそのうちアルバムもできるはず。
MacBookAirは軽いし安定しているし便利すぎる・・・

e0142611_21501963.jpg
こちらはAirAsiaの機体。
TaylorSwiftのパッケージです。
派手ですね。

e0142611_21502384.jpg
昼に札幌に向けて旅立ちます。
最後の飛行機もB747。
国内線ではもう乗れないので、楽しみの一つです。
e0142611_21502839.jpg

かっこいいですよね、B747は。

↑クリックで応援よろしくお願いいたします!


[PR]
by wisdom96 | 2015-02-02 22:10 | 旅行記録 | Trackback | Comments(0)
長かったようであっという間のインドは今日で終わり。
日本のクリスマス、お正月をぶっ飛ばしてすべてこちらで過ごしました。

ニューデリー空港は夜の10時過ぎにスタート。
またぐんと冷え込んで、霧が出ています。

e0142611_09461117.jpg
このまま、濃くなると、朝の便などは天候調査になりそうな勢いです。
こんな広い中央分離帯は、クリケットをして遊んでいる人などで賑わっていましたw

空港の中で出国手続きなどをして中へ。
自分は何も聞かれませんでしたが、現地語は話せますか?などと聞かれたようです。
いいえと答えると、全くか??とか言われたらしいです。
ナマステくらい言えば面白かったのにw

最近、調子よく出国手続きできています。
パスポート新しくなったのは大きいのかな?
前のはポケットに入れていたので折れたりしてやばかったからな・・・

e0142611_09462211.jpg
こんな感じで、インド感はあまりありません。
そしてプレミアムラウンジへ。

e0142611_09461836.jpg
10日ぶりのカレー以外のものをいただきます。
ビールにワインにコーラにパスタにサンドウィッチにミートパイに・・・
でも最後にパニールカレーにナンもたべましたwww

しばらく食べられないですからね。

e0142611_15585176.jpg
これです。エアバスのA330。来た時と同じです。

もう、すぐ夜中なので、爆睡予定です。
すぐに機内食はでましたが、ラウンジ効果でマジで苦しかったです。

そして、夜中というか朝方にミャンマーなどの上空で目が覚めました。
外を見ると綺麗な星。

e0142611_09464615.jpg
飛んでいる飛行機からも星が写せることがわかりました。
F1.8のレンズ効果ですね。
「明るいレンズは正義」と言っている意味がなんとなくわかる感じです。

e0142611_09462798.jpg
下の街の様子もわかります。
e0142611_09463348.jpg

もちろん両方写すこともできました。
e0142611_09463959.jpg
明るいレンズは正義ですw

香港までもう一眠りします。


↑クリックで応援よろしくお願いいたします!

[PR]
by wisdom96 | 2015-02-01 16:06 | 旅行記録 | Trackback | Comments(0)