ブログトップ

日常から正方形に切り抜く

wisdom96.exblog.jp

身のまわりの自然を正方形に切り抜いて見てみると・・・

東京は風が強かったです。
昼食をとったトンカツの店で、常連らしいおじさんが昼からお酒を飲みながら、「風が強いね、北風だから寒い」という話をして、店のおばさんと意見が一致。ところが店の大将は「いや、南風だ」と言い張ります(笑)
おばさんは「何言ってるの、ゴミがみんなこっちに飛んでるでしょ」と。

まあ、どっちかわかりませんが寒かったです。
でも、おいしかったので良かったし、なんぜ氷点下10度以下のところから行っているもので「今日は寒いですね」と声をかけられても「いや、北海道からきたで・・・」と笑うしかありませんでした(笑)

道路を歩いていて今回一番おもしろかったのが、空き缶に攻撃されたことですね。
合羽橋周辺を歩いてみたのですが、風に煽られた空き缶がこちらに向かってくるのです。

自分の前で急カーブ。右足にぶつかって弧を描き自分の後ろに飛んでいきました。すると、なぜか風向きが変化して、こちらに向かってくるのです。
まるで誰かがリモコンを操作しているように・・・
思わずゲラゲラ笑ってしいまいましたが、その空き缶がまたどこかにぶつかって止まったのですが、再びこちらに向かってガラガラと転がってきます。

何だかおもしろいな・・・とほっとする瞬間でした。

e0142611_20191785.jpg


そして少し進むと東本願寺とか・・・で、見てみると梅が咲いています。
こんな感じ・・・綺麗な花でした。空は青く・・・でも風は凄いのです。

そして合羽橋の道具街は思いっきり休みの店が多い(笑)
[PR]
# by wisdom96 | 2008-02-25 20:18 | 花・森・山
土曜に東京大学付属中高で行われた研究会に参加してきました。
「学びの共同体」というものを主眼においた研究会で、本当に勉強になりました。

佐藤学さんの講演は非常になめらかで、論旨も伝わりやすく、もっと長い間細かく聞いていたい物だと思わされました。
そしてやる気にもなりました。
500名以上の参加者がありましたが、みんながんばっているのだなというのが伝わってくる感じでした。


その間、北海道は大変なことになっていたようです。
夕方6時の飛行機でしたので、5時には空港に。
すると、自分の便はサスペンド。どうも飛行機が来ていないようです。
他の便もそんな感じ。

配置する飛行機が決まっているので、そう簡単にはやりくりできないことくらい誰でも気がつきそうなものですが、怒りまくっている人もいます。

e0142611_20222590.jpg


そんな時、会社側の対応もしっかりすればよいのになーーと思いました。


これを見たらわかるように、予定時刻の順序が乱れているのです。

e0142611_2023321.jpg


出発予定が入れ替えになっているのです。

19:35発が19:55へ。まあこれは十分許容範囲。
しかし18:05発が21:00。これでムッとしているところに表示の通り両方とも搭乗手続きをしているような表示になっているのです。

そんな感じで、みんなの怒りはピークに。
はじめ、20:00には飛ぶといっていたので、自分はPowerBookの電源を荷物に入れたまま預けてしまいました。21:00なら仕事できたのにな・・・。

で、さらに怒りを増長させたのは、20:45になっても何の動きもなく、急に20:50に「搭乗口の変更です。14番ゲートに移動してください」っておいマジですかモードでした。
さらに18:30の便はさらに遅れて21:40発なのだそうで、早い便に振り分けようとしたらしいのです。
「手荷物をお預けではないお客様はキャンセル待ちカウンターへ」と流れたあと、「手荷物をお預けのお客様も」となりましたが、「手荷物の移動は時間的に無理になりました」と来ましたので、「あーあ」て気分で終了。

飛行機に乗ったあとも、もう少しでつくかなというところに来て、外では何度も月が前側から後ろ側へ。旋回中です。まあ、千歳空港が混んでいるのでしょう。
無事についてもさらに悲惨。荷物が苫小牧市の中学校の吹奏楽部の荷物が優先で小一時間出てきません。


やっとの思いで戻ると、雪はこんな感じでした。
自分の車の車高は168.5cmですから吹きだまりのイメージはわくでしょうか。

e0142611_20241482.jpg


一時くらいになっていましたから羽田から8時間ほどかかったことになります。

学校に来たらみんな心配していましたが・・・、どうやら吹雪の中、吹きだまりにつかまってまさかの15時間車中に閉じこめられた人がいたようなので、悲劇のヒーローはその方に譲ることとして・・・(笑)
[PR]
# by wisdom96 | 2008-02-25 18:21
学校の林の中には、クルミやサクラ、トチやナナカマドなど多くの種類の木があります。
しかし、そのうち何本かが電話線に引っかかり、その一部を切断するということになりました。
それは昨年の初冬のことでした。


冬芽の準備も終わった頃に、残念ながらバサバサと切り落とされたのです。
薪になるようで、持って行ってくれた方もいるのですが、残っていた枝の一部を理科室の衣装ケースの中に差しておきました。

あ、衣装ケースといってもまさに「畑」なのです。何でも植えてある感じ。

差して置いたのはクルミとトチです。
クルミはだんだん乾燥してきてだめな雰囲気を醸し出していたのですが、トチはあまり変化なく冬芽の艶々感は残ったままでした。

他の花たちも咲き出しているように、随分暖かい室内になってきたからなのでしょうか?
今日見てみると、冬芽がほころびだしてきていました。

e0142611_20262915.jpg



もう1週間もしたら、葉が開きそうな気配です。

問題は根がどうなっているかなのですが、今掘り出してみるのは問題でしょうから、放置してあります。
うまくついていて、育ってくれると良いなと思います。
室内で樹木だとどうしてもヒョロヒョロになるでしょうから、地面におろしたいなと思っています。
がんばれーーーーーーーー!
[PR]
# by wisdom96 | 2008-02-21 20:32
蜃気楼のようなものを撮影しました。



12/28の昼過ぎ、白老町の海岸から沖を見ると船舶が浮いたように見えました。光の屈折による現象ですよね。当日の気温はー5℃、晴れ、沖の海水温がどの程度だったのかはわかりませんが、急激な冷え込みと関係あるのかもしれませんね。この写真でもかなり揺らいでいるのがわかります。

人気ブログランキングへ
e0142611_2332322.jpg

[PR]
# by wisdom96 | 2004-12-29 23:30 | 空・雲・鳥